「アガタ・エ・ロメオ」が誇るワイン・コレクション!

Cantina2_low

ローマにあるイタリアン「アガタ・エ・ロメオ」のワイン・カーブと、ソムリエのロメオです。

お料理と同様、このお店を世界的に有名にしたのが、充実したワインの品揃え!

いったいどれだけあるのか?

イタリアでも初代のワイン・ソムリエの一人であるロメオに答えてもらいます。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

Q いったいお店には何本のワインがあるの?

A 30,000本かな。

Q さ、3万??種類でいうと何種類?

A 1,500種類はあるよ。

Q やっぱりイタリアのワインが多いの?

A イタリアが全体の70%。20%がフランス、残りの10%が、オーストリア、ドイツ、カリフォルニア、

  イスラエル、アルゼンチン、チリ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージランドのワインだね。

Q すごーいバリエーション!お店に行ったらワインはどのように頼めばよいの?

A まず料理を選んでもらったら、それに合うワインをアドバイスするよ。

Q でも、高いんじゃない?

A もちろん、お客さまの予算に合わせるよ。だいたい、1本30ユーロから4,000ユーロのワインを

  置いている。もちろん、グラスで頼むこともできるよ。

Q 4,000ユーロって…すごすぎる。ちなみにロメオが好きなワインは?

A 赤だね。銘柄は内緒(笑)!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

おいしい料理とおいしいワインがあれば、至福の時間を過ごせます。

ロメオのソムリエ話は続く!

◆アガタ・エ・ロメオ  http://www.agataeromeo.it/

◆アガタ・エ・ロメオがつくった極上のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

   LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ http://www.oliveland.jp/

T

広告

ローマの名店「アガタ・エ・ロメオ」のティーポット・コレクション!

Teapot2_low2

これは、ローマの「アガタ・エ・ロメオ」のレストランに飾られているティーポット・コレクション!

和っぽいものからエキゾチックなタイプ、アンティークなものまでさまざま。

なぜ、ティーポットが?

シェフのアガタは昔からお茶や紅茶、ハーブ・ティーが大好き。

日本を訪れた時に買い求めたものもあれば

イタリアや旅先で色や形が気に入って買ったりしているうちに

気がついたらティーポット・コレクションはなんと400点にも!

とても全部は飾れない!!

Teapot3_low2

これだけのティーポットが一堂に見れる機会はそうはありません。

おいしいお食事をいただきながら、ティーポット・ミュージアムにいるような気分も味わえます♪

◆アガタ・エ・ロメオ  http://www.agataeromeo.it/

◆アガタ・エ・ロメオがつくったエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

  LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)  http://www.oliveland.jp/

Y

名物はポルケッタ!ワイン片手に L’aricciarola!

 

Aricciarola_low

ローマの南約30km。

カステッリ地方の高台にあるアリッチャの町は、伝統料理で有名な場所です。

中でも、町一番の人気店が L’aricciarola(ラリッチャローラ)!

わいわいがやがや、大きなジェスチャーで話すイタリア人の中に入れば

気分はすっかりイタリアン♪

陽気な彼らの手には、Romanella(ロマネッラ)入りのグラスが。

ロマネッラとは甘いスパークリングの赤ワインで、ここはワインの産地としても知られています。

モッツァレラやリコッタなどのチーズ類や生ハム、サラミ、野菜のグリルなどの前菜は

カウンターに行って注文し、自分のテーブルに運んで食べるスタイル。

Aricciarola4_low

この店の一番の売りが、豚の丸焼きporchetta(ポルケッタ)!

土地の名物でもあるので、MUSTメニューです!!

たいてい、この前菜とワインでお腹はいっぱいになるはずですが

がっつり食べたい方は、プリモとしてカルボナーラやアマトリチャーナなどの伝統的パスタ、

さらにセコンドとして肉料理を注文することもできます。

ディナーの締めくくりはドルチェとエスプレッソ。

そしてグラッパで仕上げれば、お腹もすっきり!

ローマ・スタイルの庶民的なディナーを経験したければ、L’aricciarola(ラリッチャローラ)へ!

Aricciarola5_low

 ◆L’aricciarola(ラリッチャローラ) http://www.osterialaricciarola.it/gallery/

JdP

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

 http://www.oliveland.jp/

クローバーが自然農法に一役買ってます!

Clov_low2

グリーン・カーペットのようなクローバー!

思わず四つ葉のクローバーを探したくなる?

実はこのクローバー、オリーブの木の下に生えているのです。

Kanban_low

場所は、イタリア中部、モリーゼ州にある小さな町、フォルネッリ。

「オリーブオイルの町」として公認され、自然農法でオリーブ栽培を行っています。

クローバーは、自然農法でオリーブを栽培するうえで

大切な役割を果たしているのです。

○雑草をなくす

○有機物質のレベルを増加

○土壌の肥沃度UP

○浸食対策・保護などなど。

クローバーのおかげで除草剤はいらないし、土壌を豊かにしてくれるうえ、

結果的においしいオリーブを育てる手助けをしてくれているのです!

Syukaku_low

さらに、オリーブの収穫時には、地面の上にネットを敷きますが

クローバーがあるおかげで、オリーブに土が付着するのを防いでくれるし、

地面とネットの間のクッションにもなってくれます。

まさに縁の下の力持ち的存在!

クローバーは、自然農法のオリーブ栽培において、

とってもいい仕事してるのです!

◆フォルネッリのエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 

   7 TORRI(セッテ・トッリ)

  http://www.oliveland.jp/

Y

レ・マルスィカーネの感想が届きました!

Marsicane-_low

「ゆでたパスタにLE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)をかけたら

別物のおいしさでした!」

最近ご購入いただいた千葉県在住のYさまより、

うれしい感想が届きました。

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)は

スパイシーで個性的なテイストが特徴のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル!

まだ実がグリーンなうちに手摘みで収穫した

オルティチェというオリーブ品種を搾ったオイルは

キリリとした男前のおいしさです!

このエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルの生産者であり

オリーブオイル・ソムリエでもある「アガタ・エ・ロメオ」のロメオによれば

「このオイルの味を好きな人は大好き!苦手な人は苦手。

好みはわかれると思うよ」。

◆エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

 LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)

  イタリアのICEAよりオーガニックの認証を取得。

  2009・2011年とイタリアオリーブオイルソムリエ協会(AISO)より最高評価の5 Gocce連続受賞!

  ぜひお試しください!

http://www.oliveland.jp/

Y

手間なし簡単!サーモンとアボカドのサラダ!

Gedc1916_low


見た目もよくて、しかもササッとできちゃう簡単サラダのご紹介!


◆材料  

スモークサーモン、アボカド、ルッコラ、レモン、

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル


◆作り方 

①アボカドは皮をむき、種をとり、食べやすい大きさにスライスする

②お皿にルッコラを並べ、スライスしたアボカドをのせる

③エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを大さじ1杯程度さっとかける

④その上にスモークサーモンをのせ、

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを大さじ2程度かける

⑤ブラックペッパーと塩少々をふり、スライスしたレモンを絞れば完成!


エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは

キリリッとしたLE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)を使用しています。

和風がお好みなら、

レモンと塩の代わりにポン酢とオリーブオイルでもおいしいですよ!


◆エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)

http://www.oliveland.jp/

イタリアン・カラーのカプレーゼ!

Gedc190_low


赤、白、グリーン!

元気のでるイタリアン・カラーのカプレーゼ!

とっても簡単でおいしいので、子供でも作れちゃいます。


◆材料 

モッツァレラ、トマト、バジル


◆作り方  

トマトと、水けを切ったモッツァレッラをスライスして、交互に並べるだけ!

まっすぐ長く並べてもよいし、輪になるように並べてもかわいいです。

あとはフレッシュなバジルをのせて、塩とブラックペッパー、

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルをかけるだけ!


お好みでオリーブの実やグリーン・リーフ、水菜などを散らばせれば完成!


時間をおくと水分がでてくるので、

食べる直前にササッとつくっちゃうのがポイントです。


◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

   http://www.oliveland.jp/