サバの塩焼きにもEXVオリーブオイル!

Saba

脂がのったおいしそ~な鯖(さば)の塩焼き!

大根おろしとともに食べますか?それともカボスを搾る?あるいはレモン派?

EXVオリーブオイル、LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)を

数滴たらしてみてください。

もしくは、小皿にオイルをいれて、チョンチョンっと軽くつけて食べてみてください。

魚独特の臭みを消し、かつ柑橘類を搾らなくても

不思議とさわやかで、おいしくいただけますよ!

このオイルの生産者であり、

ローマの名店「アガタ・エ・ロメオ」のシェフ、アガタ曰く、

「LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)は魚の干物にもよくあうのよ」。

コクのあるキリリとしたオイルなので

脂がのった香ばしい焼き魚とも相性はいいですよ!

◆エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

  LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ) 

    http://www.oliveland.jp/

Y

広告

ローマのMomart でアペリティーボ!

Gedc2403

Aperitivo(アペリティーボ)とは、もともとイタリア語で食前酒の意味。

イタリアで「アペリティーボしようよ!」と言えば

「カクテルとビュッフェを楽しもうよ!」ということ。

イタリアでの夕食は、だいたい21時前後から始まります。

アペリティーボとは、夕食前の19時前後から21時頃までの間の

いわば、イタリア版happy hourのような習慣。

ローマでアペリティーボしたいときは、Momart (モマート)へ!

ここのlounge barでのアペリティーボは有名なのです!!

大切な友達と出かけるのにもおすすめですよ。

新進アーティストの作品が壁に飾られた店内は、まさにアート・ギャラリー。

いつ行っても違った空間をつくりだしているから、新鮮です。

Gedc2406

なによりも、魅力的なのは種類豊富なカクテル!

テキーラ・サンライズ、ピナコラーダ…などなど、好きなカクテルを選んだら

お腹を満たしに、いざ、ビュッフェ・テーブルへ。

Gedc2409

壁には、「最後の晩餐」の絵…!?

ここには、いろいろな種類のパスタ、リゾット、野菜類、それにタルトもあります。

さらに、巨大なレンガのオーブン釜では、ノンストップでピザを焼いている!

マルゲリータ、ズッキーニ、クアトロ・フォルマッジ(4種のチーズ)、フンギ、

プロシュート(生ハム)、それにモッツァレラ&ポモドリーニ(チェリートマト)…。

焼き立てアツアツのピッツァのおいしさときたら!

たいてい4種類くらいのピッツァを一切れずつ注文しちゃいます。

陽気でスローな音楽が流れる中、カクテル片手におしゃべりを楽しみ、

お皿からはみ出しそ~な料理を食べれば、もう大満足です!

◆Momart

  ボルゲーゼ公園の北東側   http://www.momartcafe.it/

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

   http://www.oliveland.jp/

JdP

EXVオリーブオイル漬けのツナ缶!

Solo

市販されているツナ缶って、たいていサラダオイル漬けですよね。

これは、EXVオリーブオイル漬けのツナ缶♪

缶の表記も、「Extra」 の文字が強調されている!

ただのオリーブオイルじゃあないんだよ。エキストラだよっ!て感じ。

サラダオイル漬けに比べて、すっきりと上品な味わいで

パスタに使っても、サラダに使っても、おいしいです。

EXVオリーブオイルを使うなんて、さすが、オリーブオイル大国、イタリア!

お土産にもおすすめですよ。

Zentai

イタリアのスーパーに行けば、普通に売っています。

たいてい3缶1パックで売られていて、運がよければ、1缶おまけ付きの場合も!!

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

  http://www.oliveland.jp/

Y

夏野菜たっぷりのラタトゥイユ!

Ratatuiyu


野菜が甘くなってくると食べたくなるのが、ラタトゥイユ♪

夏野菜のトマト煮込みですね。南仏の夏の定番料理です。

ポイントは、EXVオリーブオイルと塩でたっぷり野菜の旨味をだすこと!


◆材料

ナス、ズッキーニ、パプリカ(色はお好みで)、タマネギ、トマト缶、ニンニク

塩、コショウ、コリアンダー、EXVオリーブオイル  ※お鍋とフライパンを用意


◆作り方

①ニンニクをスライスし、コリアンダーは包丁の背などでつぶす

②鍋にオイルと①のニンニク、コリアンダーをいれ、香りをだす

③トマト缶の半分程度を②に投入。スライスしたタマネギもいれて、弱火に

④フライパンにEXVオリーブオイルをいれ、食べやすい大きさに切った野菜を

   具材ごとにしっかり塩をふり、強火でサッと炒める 

⑤炒めたら、順次③の鍋にいれていく

⑥全部の野菜が入ったら、弱火にして15分ほど煮込む。

   煮込むと野菜の水分がでてきます。

   味付けは、野菜の旨味とEXVオリーブオイル、そして炒める時に振った塩だけ!

   仕上げにお好みでコショウを振り、バジルを散らせば完成。 

   冷蔵庫で一晩寝かせれば、味がしみて一層おいしいですよ♪

Fd401441


キンキンに冷えた白ワインがよくあいます!
ロゼもイケます。

ラタトゥイユが余ったら、パスタにからめて食べれば二度おいしい♪


◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」     http://www.oliveland.jp/

赤ちゃんの離乳食にもEXVオリーブオイル!

 

Baby-food

はぁ~い。あ~ん♪
 
イタリアでは、生後6ヶ月くらいの赤ちゃんの離乳食から
Pastina(パスティーナ)という小さなパスタをゆでて
EXVオリーブオイルとパルミジャーノをかけて食べさせます。
 
ベビーフード専門のメーカーなどは、ビタミン、鉄分、ミネラルなどを含んだ
パスティーナもだしています。
 
イタリア式赤ちゃんの離乳食の紹介です!

Gedc2281

◆材料
 
ニンジン、タマネギ、ズッキーニ、パスティーナ、EXVオリーブオイル、パルミジャーノ
 
◆作り方

①ニンジン、タマネギ、ズッキーニなどで野菜スープをつくる

②①の野菜スープ200ccに、25gmのパスティーナを入れてゆでる
  ※ゆで時間はパスティーナの袋で確認

③パスティーナがゆであがったら、お皿に入れる

仕上げに、EXVオリーブオイルとパルミジャーノを小さじ2杯ずつかければ完成!


EXVオリーブオイルの成分は母乳に近く、ビタミンやミネラルも豊富!
胃にもやさしいので、赤ちゃんもハッピーです♪

このメニュー、大人が食べても、もちろんおいしい!

大人向けだったら、コンソメ・スープをつくり、
そこにパスティーナ(一人50gm程度)を入れてゆで 
EXVオリーブオイルとパルミジャーノをかけるだけでもOK。

赤ちゃん向けには、マイルドなEXVオリーブオイルを使います。 

おすすめは、やっぱり7 TORRI(セッテ・トッリ) !

マイルドで上質なので、赤ちゃんにも安心です♪

◆EXVオリーブオイル 7 TORRI(セッテ・トッリ)

オリーブ・ランドからのお知らせです!

7torri_bottle

皆さま、オリーブ・ランドがセレクトしたEXVオリーブオイルは

お気に召していただけてますでしょうか?

4/11のOPEN以来、約1ヵ月半がすぎました。

おかげさまで、予想を上回るお客さまからご注文をいただいております!

ご購入いただいたお客さまが、オイルを気に入ってくださり

さらにお友達に紹介してくださるなど、うれしい輪が広がりつつあります。

本当にありがとうございます!!

オリーブ・ランド・イタリーとともに、心より御礼申し上げます。

本日現在、”オリーブオイルの町が誇る自慢のオイル”   7 TORRI(セッテ・トッリ)

残りわずか2本となりました! 

Gedc1177

生産者代表のウーゴ・チェントゥラッキオ氏も喜んでいます!

大切な我が子を慈しむようにオリーブを育てているので

日本への輸出は、はるか遠くの異国に嫁にだす気分だったのでしょう(笑)。

こちらの商品は、イタリア・モリーゼ州に在庫があることが確認されたので

6月に再入荷すべく、調整を始めます。

Lparadosso_1l_250ml_small

なお、缶入りのIL PARADOSSO(イル・パラドッソ)も既に完売いたしました!

250ml缶は、「なつかしいサクマドロップスの缶のようでかわいい!」と

ご好評をいただきましたが、こちらは受注分相当のオリーブしか搾っていないため

イタリア・ラツィオ州にも在庫はございません。

何卒ご了解賜りますようお願い申し上げます。

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)500mlは在庫はございます!

250mlサイズがほしいとのご要望もあり、現地とも調整中です。

また動きがありましたらご案内申し上げます。

今後とも、皆さまのご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます!!

オリーブ・ランド 茅野

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」 http://www.oliveland.jp/

オリーブオイルに目覚めたニースの旅!

Zou

空に浮かぶ座像、変でしょ?!

体育座りや正座やら、座り方もいろいろ!

どこにあるかというと、地中海に臨む芸術の町、ニース!

Nice-hiroba

町の中心、マセナ広場上空に鎮座しています。

Machinaka

広場から横道に入ると、こんな感じ!どこに行っても、きれいな街です。

そこで出会ったのが、オリーブオイル専門店。

ニース近郊ではオリーブ栽培が盛んで、

地場のEXVオリーブオイルを販売するお店があったのです。 

この店で初めて、オリーブオイルのテイスティングを体験!

オイルによってテイストも違い、品種も違い、異なる個性があることにちょっと感動!

さらに、上質のオリーブオイルとともに味わう、ニースの料理がとてもおいしかったこと。

時差で疲れた身体も、オリーブオイルの料理で元気になれたこと。

そんなこんなで、オリーブオイルの仕事をしてみたい、と思わせてくれたのが

ニースでした。

オリーブオイルをもっと好きにさせてくれたのは、スペイン!

そして、オリーブオイルのビジネスをしよう、と決意させたのは、イタリア!

南仏、スペイン、イタリア♪

私にとっては、オリーブオイルがつなぐ大好きなエリア!

以来、オリーブオイルのことを学び、

イタリアのパートナーとともにオリーブ生産地を訪れ、生産者と話し、

交渉をし、契約し、輸入し、2012年4月、オリーブ・ランドをたちあげました。

それはもう、long and winding road~♪

これからも、こだわりの生産者がつくる本当にいいモノだけをお届けしていきます。

皆さまの応援、よろしくお願いします!!

Y

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」 http://www.oliveland.jp/