野菜とフルーツたっぷり!マーシュサラダ!

Gedc2484


マーシュサラダを紹介します!

マーシュって何かって?
日本では、マーシュもしくはコーンサラダとして知られているハーブ。
サクサクした歯ざわりで、くせがないから食べやすい!

もともと、トウモロコシ畑の雑草だったので
コーンサラダと呼ばれたとか!?
でも、トウモロコシのような味はしません(笑)。
 
ビタミンC、B1、B12、鉄分などを多く含んだ優秀ハーブです。
これです!これっ! 

Masyu_salada

マーシュサラダの作り方をご紹介します。
いたって簡単!しかも栄養バランス抜群な一皿!

 
◆材料
マーシュ、リンゴ、クルミ、フェタチーズ、トマト、
レモン、塩、こしょう、EXVオリーブオイル
 
◆作り方
マーシュの上に、切ったリンゴ、トマトを盛り、クルミを散らし、
一口大にカットしたフェタチーズをかけるだけ!

Greek-feta-cheese


これが、フェタチーズ。

お豆腐のようにも見えますが(笑)、ギリシャの定番チーズです。
塩気、あります。
日本ではチーズ専門店に置いてあります。

ドレッシング?
もちろん、EXVオリーブオイルをたっぷりかけて
塩、こしょう少々、そしてレモンをギュッと搾って召し上がれ~♪

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

イタリア人は日光浴が大好き!

Spiagge-libere

夏は、もうすぐそこ!!

日光浴が大、大、大~好きなイタリア人は

太陽を求めて、夏はビーチへ行かずにはいられない!

ビーチでは、砂の上にタオルを敷いて1日中寝そべっている。

泳ぐ人はまずいませんね。

たまに、日焼けで火照った身体を海水でクールダウンするくらい。

Spiaggia1

だからビーチはいつでも、夏の江の島状態(笑)!  

水着になる、イコール、気になるのはボディーライン…。  

自信をもってビキニを着るために 

特にイタリアの女子は、今の時期、 

夏に向けてのダイエットを始める人が増えるのです。

さて、イタリアの女子はどんなダイエットをするのか?

食事は、生野菜とフルーツが中心。

タンパク質はとるけど、炭水化物を減らす。

生野菜の食べ方は、やっぱりサラダですね!

旬の野菜にいろいろなバリエーションのトッピングをのせて

EXVオリーブオイルと塩とレモンでさっぱりと♪

EXVオリーブオイルには、オレイン酸、ポリフェノールなどの

抗酸化成分がたっぷり含まれ

ビタミンA、E、D、レシチン、クロロフィルといった天然成分も豊富!

だから、美肌力のUPにも一役買ってます!

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

すべてのオイルもローマに通ず…?!

遅ればせながら

大ヒット中の映画「テルマエ・ロマエ」を観ました!

古代ローマと現在の日本が、風呂をテーマに時空を超えて異文化交流!

コミックが原作のこの映画、

ローマでのプレミア上映でも大受けだったとか! 

かなり笑えるし、感動的な場面も。

既にお風呂文化が花開いていた、当時の古代ローマ。

職を失った、浴場設計技師のルシウスが

古代ローマの公衆浴場で、斬新な浴場設計のアイデアを考えていると

なぜか、時空を超えて、現代日本の銭湯にたどり着く!

340852view001

日本の風呂文化に感銘を受けたルシウスが

日本で得たアイデアを古代ローマに持ち帰り、一躍有名になっていくという物語。

大勢のイタリア人が演じる古代ローマ人のなかにあって

ルシウス役の阿部博さん、すごい古代ローマ人役にハマッてます!

340852view004

一方、銭湯で出会う、日本の「平たい顔」代表のおじいちゃん達も

妙にいい感じのほっこり感をだしています。

340852_100x100_009

古代ローマでも、時はハドリアヌス帝の時代のお話。

なんだか、ハドリアヌス帝が身近に感じられてくるから、あら不思議!

古代ローマ時代から、オリーブオイルはさまざまな場面で

重用されてきたといわれています

食用としてははもちろん、儀式や灯火に、

兵士の疲れを癒すためのマッサージ・オイルとして

ご婦人方の美容オイルとして

そして傷の手当にも!

オリーブオイルを飲む習慣は、胃腸を整える効果があるとして

古代からあったというから、すごい!!

今の日本から古代ローマにタイムスリップしたら

オリーブオイルの斬新な使い方やアイデアを

逆に発見するかもしれませんね!!

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

  http://www.oliveland.jp/

 

セッテ・トッリ、もうすぐ入荷します!

Pp_kanbait1_1

ライトでフルーティー、しかもマイルドなEXVオリーブオイル、

7 TORRI(セッテ・トッリ)250mlは、ご好評につき完売いたしました!

ただ今、イタリア・モリーゼ州フォルネッリからの入荷待ちです。

入荷は7月1週目となる見込みです。

もう少々、お待ちください!!

Ugo_low

生産者代表のウーゴです!

先日のEXVオリーブオイルの大会で、7 TORRI(セッテ・トッリ)は

単一品種のライト・フルーティー部門で第1位を獲得したばかり。

喜びもひとしおです!!

7torri_bottle

「日本人がフォルネッリに来たる!7 TORRI(セッテ・トッリ)が世界へ」

これ、地元の新聞記事のタイトルです。

私たちが一昨年の秋にフォルネッリのオリーブ生産地を訪れ、

ウーゴを始め、生産者の方々と初めて顔合わせをした際

地元の新聞にこんな記事がでたそうです!

よほど日本人が珍しかったのでしょう(笑)。

それと、小さなオリーブオイルの町で

一生懸命につくっている自分たちのオイルが

はるか遠い日本に輸出されることを

とても名誉なことと思ってくれたのかもしれません。

イタリアの他州とは違い、地味な印象のモリーゼ州ですが

オリーブオイルやワインづくりは有名で、トリュフも名産のひとつ!

秋のオリーブの収穫時期に訪れると、

搾りたてのEXVオリーブオイルをはじめ、おいしい出会いがいっぱいです!!

◆エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル 7 TORRI(セッテ・トッリ)

   http://www.oliveland.jp/

アガタのサーモンソテー・サワーソース!

Gedc2339


ローマにあるイタリアン「アガタ・エ・ロメオ」の厨房では、

ただ今、”サーモン・ソテーのサワーソース添え”  の準備中。

「アガタ・エ・ロメオ」のシェフ、アガタに、

特別に作り方を教えてもらいました!

アガタの料理は手が込んでいるのでマネできないけれど、

大丈夫! これはシンプル・バージョンです。


アガタの簡単レシピ「サーモン・ソテーのサワーソース添え」 


◆材料

サーモン、Greek ヨーグルト(ギリシャのヨーグルト)、生クリーム、チャイブ
レモン、塩、こしょう、EXVオリーブオイル

◆作り方

①サワーソースを作る。
 ギリシャ・ヨーグルト100gmと生クリーム大さじ2杯を混ぜる。
 みじん切りにしたチャイブを加え、塩、こしょうを少々。
 さらにレモンをちょっと搾って、すべてをよく混ぜ、
 数時間冷蔵庫で寝かしておく。 

   ※ギリシャ・ヨーグルトは、日本でも見かけるようになりましたね。
   アガタ曰く、「ギリシャのヨーグルトはかなり濃厚なので
     生クリームをいれてクリーミーにするといいのよ!」。

 ※チャイブネギ科のハーブです。日本の浅葱に近い。これです ↓

Chaive

②サーモンをスライスし、フライパンにEXVオリーブオイルをいれ、
   さっと焼く。

③お皿に、焼いたサーモンを載せ、サワーソースを添えれば完成!

このお料理は、「アガタ・エ・ロメオ」では前菜としてだすのだそう♪

サワーソースは、いろいろな料理に使える万能ソース。
 
ぜひお試しください! 
 

◆アガタ・エ・ロメオがつくった極上のEXVオリーブオイル 
   LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)

イタリア風グリーンピースとハムの煮込み!


Gedc2478

グリーンピースとハムを使ったシンプル・
レシピのご紹介です♪

ローマのイタリアン「アガタ・エ・ロメオ」のシェフ、アガタが
とっておきのコツを伝授してくれちゃいました 
 
◆材料
 
グリンピース 500gm(皮から出した状態で)
ハム 100gm
タマネギ 中1個 約100gm
レタスの葉
EXVオリーブオイル 
 
◆作り方 
 
①タマネギは薄くスライス(半分に切って薄切りにしていく)。
ハムも小さく切る。
鍋を温めて、EXVオリーブオイルを入れ、タマネギを炒める。
④タマネギが透き通ってきたらハムを入れ、1分程度炒める。
 (ハムがお鍋にくっつきそうだったらオイルをたす。)
グリンピースを入れてさらに1分程度炒める。

Gedc2449

⑥グリンピースが隠れるくらい、お水を入れる。
その上にレタスの葉っぱをのせてから、その上に塩をふり、 
  強火で20分程度煮込む。

Gedc2450

アガタが教えてくれた料理のコツ!
 
この料理のポイントはレタスの葉を使うこと!
※レタスの葉を通して塩が中に入るので、グリンピースの色がきれいになる!
※レタスの葉がフタの役目もする!
 
イタリアのレタスは、大きくてゴワゴワしてるので
フタ代わりにちょうどいいのです。
 
日本のレタスの場合は、大きさにより、2~3枚使ってみてください。
 
Buon appetito! 
◆オリーブ・オイルの店「オリーブ・ランド」

Knorr(クノール)のリゾッテリア!

Risotteria

イタリアのKnorr(クノール)がだしているRisotteria(リゾッテリア)!

インスタントのリゾットです。

左側がフンギ・ポルチーニ。

右側がサフランとキノコ。

Img_1281-2

サフランとキノコのリゾットを作ってみました。

作り方はいたって簡単!

お鍋に袋の中身をあけて、水500ccをいれ

よくかき混ぜながら中火でグツグツと15分程煮るだけ。

ちなみに一袋で二人分あります。

15分だと、けっこうアルデンテな仕上がりですね。

お米にすこーし芯が残る感じ。う~ん、イタリアっぽい!

Img_1287-2

これも、イタリアのスーパーで売ってます!

手軽にイタリアの味が楽しめるので

お土産にもいいですよ。

Y

◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」 http://www.oliveland.jp/