夏におすすめ!ベネチア風イワシの南蛮漬け。

Dsc00500_hiyasu


Flavio(フラビオ)のイタリア料理教室!

Secondo(セコンド / 二皿目の料理)は、イワシ料理2種です。

まずは、ベネチア風イワシ料理の作り方からご紹介!

◆材料

・イワシ(1人2~3尾程度)  ・タマネギ(2人分で中玉1個)  

・レーズン(2人分で一袋の1/3程度)  

・塩  ・コショウ  ・ワインビネガー  ・EXVオリーブオイル

※人数に合わせて!!

◆作り方

①イワシはうろこをとり、背びれを切り、エラのところから包丁を入れ頭を落とす。

 内臓をとり、手で腹を開き、背骨や中骨をとる。

   イワシの手開きの実演はyoutubeをご参考に!

 慣れると意外と大丈夫。面倒だったら魚屋さんで調理してくれるかも。

Dsc00484_yaku


②①のイワシの両面に軽く小麦粉をつけ、EXVオリーブオイルで揚げる。

Dsc00493_bat


③揚げたら、バットに均等に並べておく。

Dsc00491_raizun


④レーズンを水に漬ける。

 これは、埃や汚れをとり、レーズンを柔らかくするため!

⑤タマネギを1cm幅に切り、フライパンにEXVオリーブオイルをいれ、

  弱火でこげないように、しんなりするまでよ~く炒める。

  塩少々をいれ、味を整える。 

Dsc00496_cipolle


⑥弱火のまま、フライパンに蓋をし、こげないように時々かき混ぜる。

 蓋をすることで、よりタマネギがしんなりして、甘みが増す!

 最後に、コショウ、ワインビネガー(わりとたっぷり!)をかけ、

 水を切った④のレーズンをいれ、全体を混ぜ合わせる。

Dsc00498_kansei


⑦③のバットのイワシの上に、⑥のタマネギ&レーズンをのせる。

 常温で置いておき、ある程度冷めたら、冷蔵庫で冷やしておく。

 食べる時は、バットから取り分けてどうぞ~!!


ビネガーの酸味とレーズンの甘さが、なんとも絶妙!

冷やして食べるので、夏にぴったり♪

ワインのお供としても最高!

南蛮漬けに近い感覚だけど、やっぱりイタリア~ンな一品です。

次は、イタリア南部、シチリア風イワシ料理をご紹介!!

 

◆EXVオリーブオイルのONLINE SHOP

   http://oliveland.shop-pro.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中