2012年秋。オリーブの初搾り!

Nuovo

 

 「丹精込めて育てて収穫したオリーブが、

この美しいエメラルドグリーンの液体になって

でてくる瞬間の嬉しさは、言葉では言い表せないよ!」

 

EXVオリーブオイルLE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)の

生産者、ロメオの言葉です。

イタリアではただ今、オリーブの収穫の真っ最中!

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)の生産地、

イタリア・カンパニア州ベネヴェントから

ロメオが収穫の様子を写真で送ってくれました!

 

Ortice_low

 

収穫したばかりの、オルティチェというオリーブ品種。

ほとんどの実がまだグリーンです。

今年も、昨年並みの収穫量が見込めそうだと、

ロメオからうれしい報告が! 

 

Tezumi_low

 

こんな風に、オリーブの木の下にネットを敷いて

オリーブの実を手摘みで、大切に収穫していきます。

大変な作業です!!

 

Noufu_low

 

収穫作業は、毎日、10人がかり!

朝から夕方の4時くらいまで続きます。

 

Signola_low

 

収穫時も、オリーブの実の状態を確認しながら摘んでいきます。

収穫後も、2~3人で傷んだオリーブがないか

さらに厳しくチェックをする、徹底ぶり!

傷んだオリーブが混じると、それだけで酸化がすすみ

品質に影響するからです。

 

Kago_low

 

収穫したオリーブは、4~5時間以内に搾油所へ運びます。

午後一と夕方の1日2回!

収穫から搾油までの時間が短いのもポイントなんです♪

収穫後は、48時間以内に搾油するのがよいとされています。

収穫したオリーブをずっと置いたままにしておくと

これも品質に悪い影響を及ぼし、悲しいオイルに…。

ロメオは、収穫したオリーブのカゴをトラックに積んで

必ず搾油所での作業にも立ち会っています。

そう、まるで品質管理担当の鬼軍曹のように(笑)。 

 

Hill_low

 

カンパニア州ベネヴェントのオルティチェの木々の風景です。

見てるだけで気持ちいい~!

豊かな土壌に恵まれた丘陵地にあるので、

太陽を存分に浴びることができるのです。

でも、丘陵地ゆえ、トラクターのような機械を入れて

収穫することはできない。

人間の手を介して、ひとつひとつ丁寧に収穫し、

丁寧に選別し、丁寧に搾油を行っています。

 

オーガニックにこだわり、

環境にも身体にもやさしい、

おいしいEXVオリーブオイルをつくること

 

それが、ロメオの願いです。

搾りたてのオイルは、まだ完成ではありません。

この後一ヵ月半ほどデカンティングを行います。

 

◆EXVオリーブオイルLE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)

250ml http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

500ml http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41635148

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中