オリーブの搾りかすの行方は?!

Sansa

 

ピラミッドのようなこの山、なんだと思いますか?

これ、フラントイオ(イタリア語で搾油所の意味)の外に

うず高く積まれた「オリーブの搾りかす」なのです。

収穫されたオリーブ果実は、

フラントイオでの搾油の工程を経て、

搾りかすとに分類されます。

この抽出された油がヴァージン・オリーブオイルとなります。

 

水と搾りかすは、いわゆる廃棄物。

最近では、この廃棄物である水から、

流出したポリフェノール成分をとりだし、

化粧品に使う研究なんかもされています。

  

で、搾りかすは捨てちゃうの?

いいえ、肥料や燃料などに使われます。

さらに、この搾りかす(イタリア語でサンサといいます)に

残留した油を溶剤を使って抽出し、

脱臭加工や物理処理を施して精製し

風味づけにヴァージンオリーブオイルなどを加えたものが

サンサ・オリーブオイルとして

主に業務用として市販されています。

 

Rankedoil

 

オリーブオイルのランクづけのなかでも、

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを頂点に、

サンサ・オリーブオイルは一番低いランク。

以前、あるお店に、サンサ・オリーブオイルの3L缶が

ワインボトルとともにディスプレーされていて、びっくり!

もちろん、二度と行きませんでした(笑)。

自分の身体にいれるものだから

どうやって作られたのかをきちんと知ることが

とっても大事ですね!

 

◆無農薬にこだわった最高ランクのエキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

  LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ) 

  250ml http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

  500ml http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41635148

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中