オリーブ開花状況inアブルッツォ!

GE DIGITAL CAMERA

EXVオリーブオイル  サポーリ・デッラ・マイエッラの生産者、ドメーニコから

オリーブの花便りが届きました!

場所は、イタリア中部アブルッツォ州、マイエッラ山の麓の町、カーソリ。

オリーブ品種はジェンティーレ・ディ・キエーティ。

う~ん。 蕾がぷっくりしてきてはいますが、開花にはまだ早い!!

都内の知人宅の庭にあるオリーブは、すでに開花したというから

やはり日本の方が気温が高いのでしょうね。

domenico_low

ドメーニコは、18ヘクタールの広大な農地で、オリーブを中心に豆や野菜などを

有機方法で栽培し、収穫、搾油まですべて自分たちで一貫生産しています。

家ではよきパパ!!

エプロンをして料理もしちゃいます!

彼らの食事にEXVオリーブオイルはかかせません。

ブルスケッタ(香ばしく焼いたバゲット)にかけているEXVオリーブオイルは

もちろん、自慢のジェンティーレ・ディ・キエーティ種100%!


ドメーニコは、先祖代来、家族が受け継いできた土地と伝統に誇りをもち、

そこに根を張るオリーブへ、並々ならぬ愛情を注いでいます。

「有機農法にこだわるのは自然と環境を守るため。

単一品種にこだわるのは、

この土地の人々の生活に長く関わってきたオリーブ品種だからこそ、

未来の子供たちにもきちんと継承したいため。」

そう熱く語るドメーニコ、素敵でしょ!!


生産地のオリーブ開花情報は順次お伝えしていきま~す。


 
◆サポーリ・デッラ・マイエッラは品切れ中で入荷待ち。

アブルッツォ州カーソリについてはHPで紹介しています!

http://www.oliveland.jp/sapori-della-majella/sapori-della-majella02/

広告

梅雨とオリーブの関係!

ajisai_low

関東も遂に梅雨入り!

まだ5月なのに!?

新緑が瑞々しく、一番気持ちのいい季節が年々短くなっています。

日本で梅雨の時期に咲く花といえば、アジサイ。

雨露を受けて、紫や水色、ピンクなど色とりどりに咲く姿は

まさに梅雨の風物詩といえます。

foto_low

この時期、地中海沿岸のオリーブ産地では、オリーブの可憐な白い花が咲きます!

小さすぎて、近寄らないとわかりづらいほど(笑)。

受粉によって、一部の花が結実するという大切なこの時期。

どれだけオリーブの実をつけるかが、生産量にも大きく影響してきます。

オリーブは乾燥を好むため、温暖な気候と水はけのよい丘陵地が栽培には最適。

まさに地中海性気候がびったりなのです!!


日本でも一部地域でオリーブ栽培が行われていますが、問題は梅雨の長雨。

オリーブの実をつける受粉の時期に、長雨は大敵なのです。

どうしても雨の影響で、結実する数は少なくなる。

気候条件だけは人の努力ではどうにもなりません。

純粋に日本で栽培されたオリーブでつくられたEXVオリーブオイルは

オリーブの生産量が少ないため、と~っても高い!

日本産として販売されているEXVオリーブオイルも

実はスペイン等他国のオリーブオイルをバルクで輸入し、

日本でボトリングし、日本産として販売しているケースも多いのです。


やはり日本と地中海諸国では、オリーブ栽培の歴史には数千年の差があります。


◆イタリアの生産者から直輸入。オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

オリーブ・ランド大喜利!?

o_aWi6s1POxb5271369620917_1369621240

オリーブ・ランドのEXVオリーブオイルをお使いいただいたお客さまから

なんともうれしいお言葉をいただきました。

まるで、大喜利のお題に答えてくれたかのような!


お題

「あ行、か行、さ行、た行を使って、オリーブ・ランドのEXVオリーブオイルを

使った感想を述べよ」。


答え  

  • あいうえ  オリーブ・ランドのオリーブオイル
  • かきくけ   後悔させしまへんo(^o^)o
  • さしすせ  そうです美味しくて
  • たちつて  とりこになりますよ(≧▽≦)


座布団4枚!! ありがとうございま〜す!!


◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp/

発酵食品とEXVオリーブオイル!

hishio

黒豆?

いえ、これは醤(ひしお)という発酵食品。

大豆と大麦から麹をつくり、1年以上熟成してできた伝統調味料です。

ご飯にのせてもよし、

そして、オリーブオイルと混ぜて野菜にかけてもおいしいらしい。

そうと聞いたら、ぜひ試さねば!と問い合わせてみたら、

残念ながら現在品切れ中!!


醤油、味噌、酒。

日本はなんといっても発酵文化の国。

健康にもよし、食べてよし。

古来よりある発酵調味料を、今の時代にあわせて上手に使い続けたいものです。

発酵食品のなかでも

塩麹+EXVオリーブオイルは、ただ混ぜるだけで相性抜群!

温野菜にかけたり、お肉やお魚につけてグリルしても超おいしい♪

お好みでブラックペッパーを。

醤油+EXVオリーブオイルは、おひたしや冷奴にもGoodです。

お好みでわさびを。

日本とイタリアの伝統調味料同士、見事なマリアージュが楽しめます!


昔ながらの製法で作られた塩麹や醤油には

コクのあるEXVオリーブオイルがおすすめです。


 ◆EXVオリーブオイル レ・マルスィカーネ

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

金賞受賞のCertificate!

gold-medal-award

金賞受賞の賞状が届きました!

先日行われたOlive Japan 2013の国際EXVオリーブオイルのコンテストで

オリーブ・ランドのレ・マルスィカーネ オルティチェ種が

金賞を受賞した証明書♪

真ん中に描かれたオリーブの木のイラストがキュートです。


◆金賞受賞オイル!レ・マルスィカーネ オルティチェ種

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

EXVオリーブオイルのBIO認証マーク!

2093_marsicane_biomark (2)  2112_sapori_biomark (2)

左側がEXVオリーブオイル レ・マルスィカーネ、

右側がサポーリ・デッラ・マイエッラの

ボトル裏面にあるイタリアで取得したBIOの認証マークです。

環境にも身体にもやさしい食品が求められる昨今、

BIOへの関心は高まっていますよね。

BIOの認証マークを得るには、

オリーブ農家が有機農業認証機関に申請し、

土壌や生産ラインの抜き打ち検査を受け、

問題ないと認められて初めて、認証マークを貼ることができます。

実はこれ、申請するのも有料なのです。

だから、小規模生産者の場合、

無農薬栽培をやっていても、申請費用がもったいないと

BIO認証を取得していないケースもあります。

EXVオリーブオイル セッテ・トッリはまさにそのケース。


さらに日本で「有機栽培」「オーガニック」と言うためには

有機JASの申請をしなくてはいけないのです。

もちろん有料!

小規模生産者にとっても、我々のような小規模インポーターにとっても

ばかにならない値段のため、現時点で申請はしていません。

たとえ、イタリアでBIO認証を取得していても

日本では「無農薬」「自然農法」としかいえないのが現状です。


オリーブ・ランドのEXVオリーブオイルは、これからも

「無農薬」「単一品種」であることを全面にアピールしていきます!!


◆無農薬・単一品種にこだわったEXVオリーブオイル!

http://www.olilveland.jp/


2013レ・マルスィカーネ金賞受賞の講評!

marsicane-_low

Olive Japan 2013のEXVオリーブオイルのコンテストで

金賞を受賞したレ・マルスィカーネ。

審査員の講評をまとめたものが主催者より送られてきました。


とてもすばらしい緑とハーブの香り。

ローズマリーとセージのアロマ。

植物系の緑の風味が勝っていて、風味の持続性は抜群です。


こんなテイストのEXVオリーブオイルををお好みの方、

オルティチェ種100%のレ・マルスィカーネをぜひお試しください!!


◆オリーブ・ランドのオンラインショップ

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959