為替と輸入と輸出の関係。

Rate

今朝9時の外国為替相場です。

一時の異常ともいえる右肩上がりの円安傾向がおさまり、

輸入の仕事に携わる人たちにとっては、ホッと一息といったところ。

インポーターにとっては、円高歓迎、円安嫌悪なのです。

我々のように、イタリアの生産者から直接EXVオリーブオイルを買い付け、

空輸で輸入するインポーターにとって、為替の変動は直接利益に影響します。

ちょうど今は、品切れになった商品を追加輸入しようとしているところ。

今週末にはイタリアを旅立ち、空輸で日本に商品が入ってくる予定です。

そんな時期、円高に為替が振れたことは、我々にとっては歓迎すべきこと!

たとえば、100ユーロの商品を円に換算して支払う場合。

1ユーロ100円なら10,000円。

1ユーロ135円なら13,500円。

それだけ原価に差がでる訳です。

TOYOTOのような輸出企業にとっては、

1円の円高で、営業利益が約300億円損失するといわれます。

輸出大国である日本にとって、円高が進めば輸出総額が下がり、

すなわちGDPが下がり、景気の低下に直結する。

為替のリスクヘッジをどうするかは、

大企業にとっても零細企業にとっても大問題なのです!!

 

何はともあれ、品切れのEXVオリーブオイルは来週中に到着予定です!!

新しく、100mlのお試しセットも登場しますよ〜。

どうぞお楽しみに!!


◆オリーブオイルの店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中