アカンサスの葉のモチーフ!

acanthus

初夏のこの時期、可憐な花を咲かせているのは、アカンサス。

日本語名は、ハアザミ。

地中海沿岸を中心に分布する常緑多年草です。

花よりも、強そうな葉っぱのほうについつい目がいきますよね。

この存在感たっぷりのアカンサスの葉!

古代ギリシア・ローマ時代から、

多くの建築物や内装のモチーフに使われてきました。

800px-4927_-_Venezia_-_Palazzo_ducale_-_Capitello_36_-_Dettaglio_-_Foto_Giovanni_Dall'Orto,_31-Jul-2008

これは、ベネチアにあるドゥカーレ宮殿の装飾。

古代ローマ時代だけではなく、

ルネサンス期にも、アカンサスの葉のモチーフがモリモリですね♪

とはいえ、アカンサスの装飾には、一説にはヤシをモチーフにしたものとも

いわれているそう。

何はともあれ、

アカンサスの葉には、造形的な美しさがあります。

そして、生命力に溢れた力強さも!


同じ地中海沿岸の植物であるオリーブの場合は、

平和の象徴として、建築物ではなく、国章などのモチーフにも使われます。

オリーブの実はオリーブオイルや食用に、種は燃料に、

そして枝と葉は平和の象徴として、無駄なくフル活用ですね!!


 ◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中