鵠沼海岸のワインショップ「mikeneko wine & store」!

kanban_low

地元藤沢のワインショップをご紹介♪

小田急線の鵠沼海岸駅を降り、

のどかな駅前商店街を左方向に3〜4分歩いていくと、

「mikeneko wine & sotre」があります。この看板が目印!

vini_low

店内には、フランスワインを中心に、イタリアやドイツ、アメリカなどの

セレクト・ワインが!

それぞれのワインの説明書きを読んでるだけでも、

味を想像して楽しくなります。

Sgl_low

わからないことは、店長の篠原さんに聞けばバッチリ。

「こういう料理に合わせたい」なんて相談にも、気軽にのってくれます!

先日、中華料理に合わせるワインも、篠原さんに相談してここでゲットしました。

gentile_low

こちらのお店には、ワインだけではなく、こだわりのグロッサリーもあります♪

写真は、オリーブ・ランドのEXVオリーブオイル、

ジェンティーレ・ディ・キエティー種100%のサポーリ・デッラ・マイエッラ!

250mlと100mlを置いていただいています。

mar_low

そしてそして。

こちらは、オルティチェ種100%のEXVオリーブオイル、レ・マルスィカーネ!

黒いラベルの250ml、白いラベルの100mlをお取り扱いいただいています!!

お店にはこだわりのパテ類もあり、先日、フランス産イノシシのパテを購入。

トーストしたバゲットにパテをのせ、

そこへスパイシーなレ・マルスィカーネをたらして食べたら、もう~♪♪

赤ワインとよ〜くあいます♪


「mikeneko wine & store」では、ワインの試飲会も開催します。

説明を聞き、テイスティングしながら、好みのワインを探せますよ。


※お知らせ

「mikeneko wine & store」は閉店しました。

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

広告

トスカーナの南端、カパルビオの町!

???????????????????????????????

ここは、Capalbio(カパルビオ)の町。

トスカーナ州の一番南、ほとんどラツィオ州との州境にあります。

ルネサンス時代に栄え、今は人口4,300人余りの小さな町。

?????????????????

Palazzo Collacchioni (コッラッキオーニ宮殿)にあるタワーは、

町を望む絶景ポイント!

???????????????????????????????

タワーから町を眺望すると、こんな感じ!

そして、タワーの2階にはなんと、

ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)が時々コンサートを行ったという部屋が!

???????????????????????????????

優しい雰囲気の、素敵なコンサート・サロン♪

衣装も飾られています。

???????????????????????????????

部屋にあるのは、現代のピアノの前身となる楽器 Fortepiano Conrad Graf。

イタリア語でピアノはpianoforte 。これはその逆でfortepiano!

キーボードが今よりかなり狭い印象です。

???????????????????????????????

町は、エトルリア時代につくられた城壁に囲まれています。

ラツィオ州やトスカーナ州は、かつてエトルリア文化が栄えたところ。

???????????????????????????????

緑が続く、牧歌的な景色に癒されます。

カパルビオの町は、ローマの北約130km。

ちょっと行くとビーチがあるので、夏のバカンスに訪れる人も多いのです。

 

8月が終わると、バカンスシーズンもいよいよ終わり。

夏の余韻に浸っているうちに、収穫の秋はもうすぐそこ♪


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

ナポリ式コーヒーの飲み方!

pot_low

BIALETTI(ビアレッティ)のエスプレッソ・マシーンです!

イタリアでいうCaffe’(カッフェ)、いわゆるコーヒーとは、濃~いエスプレッソのこと。

ストレートで飲むのではなく、お砂糖をいれて飲むのが一般的。

バールなんかでは、自分で好きなだけお砂糖をいれて飲むけれど。

zucchero_low

ここで、自宅で楽しめるナポリ式コーヒーの飲み方をご紹介!

まず、カップにスプーン2杯位のお砂糖をいれる。

そこに、エスプレッソマシーンから蒸気がでた時点の「コーヒーの一番だし」

スプーン1杯程度入れて、手早く混ぜ合わせます。

これくらい、トロ~リとなるように♪

cup_low

カップに、このクリーミーな甘いエキスをいれて。

tutti_low

そしてコーヒーを注ぎます。

なんとも香り高く、クリーミーなコーヒーの完成♪

エスプレッソ・マシーンをお持ちの方は、ぜひ一度お試しくださ~い。


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp/

藤沢の魚屋さん直営「ふじやす食堂」!

chirashi_low

どーんと新鮮なネタがのった海鮮ちらし♪

お味噌汁と季節の小鉢、茶碗蒸しがついて、980円。

ネタが新鮮なのは、それはもうお墨付き。

なぜなら、地元でも評判の魚屋さん直営のお店だから!

1F は、新鮮な魚介類を販売する魚屋さん「藤保水産」。

そして2Fに新しくOPENしたのが、藤保水産直営の「ふじやす食堂」。

藤沢駅北口、さいか屋の先の交差点を渡った右側にあります。

新鮮な魚たっぷりのランチが評判で、連日大賑わいです!

menu_low

これが、お店のメニュー!ちなみに、お店の営業はランチだけです。

お店の名を冠した「豪快ふじやす丼」は、漬けにしたいろいろな魚がたっぷり!

そこになんと、といた生卵をかけて食べる!!

最初は「えぇ??」と思ったけど、

まろやかな卵が漬けの魚にとてもマッチして、おいし~のです♪

nigiri_low

これは、旬のにぎり寿司セット。

しゃりも少なめなので、パクッと食べやすい♪

以前、寿司屋で働いていた職人さんが握ってくれる本格派です。


相模湾に面した藤沢は、朝どれの魚など、新鮮な魚介類が手に入るのが魅力。

ご近所のこの魚屋さんには、ほんとお世話になってます。

毎回、「これが絶対うまいよ!」という情報を聞きだし、

新鮮なおすすめのお魚をゲットしてます!


新鮮なお刺身は、醤油にわさびが定番だけど、

上質なEXVオリーブオイルに塩で食べるのも美味です♪

気分を変えたい時は、カルパッチョもおすすめ。

レモン汁とEXVオリーブオイル(1対3位の割合)、

それに塩を加え、お皿に丸く並べたお刺身にかけるだけ。

コクをだしたければ、すりおろしたニンニク少々を加えるか、

最初にお皿にニンニクをこすりつけておいてもOK。

お好みで、仕上げにプラックペッパーを!

いずれも、おいしいEXVオリーブオイルを使うのがポイントです。


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

夏のオリーブ便り!パエザーナ・ビアンカ篇!

???????????????????????????????

パエザーナ・ビアンカ種のオリーブの実、たわわです♪

今年もたくさんの実をつけ、順調に育ってますよ~!!

???????????????????????????????

場所は、イタリア・モリーゼ州フォルネッリ。

パエザーナ・ビアンカ100%のEXVオリーブオイル7 TORRI(セッテ・トッリ)の生産地です。

あるオリーブ生産者宅のオリーブ畑の様子!

???????????????????????????????

こちらのパエザーナ・ビアンカの木は、植えて10年。

ちょうど、初孫が生まれた年に植えたそう!

初孫の成長とともに、樹齢を重ねていくオリーブの木々。素敵です。

庭には、代々伝わる樹齢100年のパエザーナ・ビアンカの木も!!

???????????????????????????????

パエザーナ・ビアンカの木の枝は、柳のように下向きに伸びていくのが特徴!

オリーブの実は、細長い楕円形をしています。

???????????????????????????????

オリーブ畑のそばには、ぶどうの木も。

???????????????????????????????

これは、くるみの木。

???????????????????????????????

そして、プルーンの木も!ちょうど食べ頃です♪


オリーブの木の周辺にある果樹の木々も、

土壌を通して、オリーブの実を搾った後の香りや味わいに影響を及ぼします。

天候にも恵まれ、順調に育っているパエザーナ・ビアンカ!

太陽を浴びて、たっぷり果肉に油分を蓄えてくれるでしょう。

この秋の収穫が待ち遠しい!!

今年は、フォルネッリに7 TORRI(セッテ・トッリ)専用の搾油所を新設します!

予約をしたり、順番待ちをすることなく、

収穫後すぐに搾れるのは、品質の上でもとても大切なこと。

この秋のEXVオリーブオイル7 TORRI(セッテ・トッリ)も、どうぞお楽しみに!!


◆EXVオリーブオイル 7 TORRI(セッテ・トッリ) 販売中!

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41636126

食用油の廃油からバイオ燃料!

fried-potato

揚げ物に使った油、古くなった油、酸化しちゃったオリーブオイル…。

捨てなければいけない油、どうしてますか?

家庭用の廃油は、固めてポイッと捨てるケースがほとんどでしょうか?

イタリアでは、一部地域で、

食用油の廃油から電力をつくりだすプロジェクトが進行中とのこと。

スーパーマーケットなどに、使用済み油回収用の3L容器が供給され、

市民は各家庭の廃油を、そこに持ち寄る仕組み。

対象となる油には、オリーブオイルはもちろん、揚げ油の残り、保存食用の油、

ツナ缶に入っている油もOK。

さらには、ラードや溶かしバターなどの動物性油脂も持ち込み可。

「容量80gのツナ缶の油から、パソコンを40分使える電力をつくれる」

というから、具体的でわかりやすい!

これなら、地球温暖化防止のため、環境汚染防止のため、

セッセと残り油を持ち込みますよね。

イタリア人が使う油、すなわちオリーブオイルを使う量はハンバないし!!

日本でも、食用油の廃油からバイオ燃料をつくる動きは

一部地域で始まっています。

たとえば、練馬区では、独自に廃油を精製する機械を導入。

区で収集した食用油の廃油を精製し、

精製したバイオ燃料は、区の清掃車に使用するという取り組みが!

まだまだ地域差があるようですが、

食用油の廃油から再生エネルギーを生み出すプロジェクト、

どんどん拡大していってほしいものです。


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

7 TORRI(セッテ・トッリ)から嬉しいNEWS!

???????????????????????????????

EXVオリーブオイル、7 TORRI(セッテ・トッリ)の生産者のウーゴから

嬉しい知らせが届きました!

7 TORRI(セッテ・トッリ)の生産地は、イタリア中部、モリーゼ州フォルネッリ。

貴重な土着品種、パエザーナ・ビアンカ種100%のEXVオリーブオイルを生産しています。

この秋、専用の搾油所をOPENするとのこと!!

すばらしい!

そうすると、町の搾油所にいちいち予約したり、順番待ちをすることなく、

収穫後すぐに搾油することができるようになります。

収穫から搾油までの時間が短いことは、品質の上でとても大切なこと。

Good Newsです!

今後は、地域の食育活動や障がいのある人たちに仕事を与える企画にも

力をいれていくつもりだと、熱く語ってくれました!!

オリーブの伝統を守りつつ、科学的な視点から前向きに改善し、

地域密着型の社会貢献活動にも取り組む。

このような姿勢の生産者に出会えたことに、感謝です!


◆EXVオリーブオイル 7 TORRI(セッテ・トッリ)

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41636126