オリーブオイルのテイスティング!

080901

いただきもの、取り寄せたもの、いろいろ揃ったEXVオリーブオイル♪

同じAISOのオリーブオイルソムリエの友人と一緒に、テイスティングを行いました。

今回試すのは、2012年秋に収穫したイタリア産のEXVオリーブオイル。

シチリアのモレスカ種のDOP、ラツィオのカネーゼ種のBIO、

トスカーナのモライオーロ、フラントイオ種のブレンド、

プーリアのコラティーナ種など、産地も品種も様々なオイル達!

glass

一度に3種類ずつのオイルをテイスティング。

AISOのテイスティングシートを使って、

色、香りの強さ、クオリティー、味の強さ、ボディ、全体的なバランスをチェックしていきます。

2cap

トマトの香りとアーティチョークの苦みがあるこちらのオイルは、

ボトルの注ぎ口が、再注入防止仕様になっています。

偽装防止に役立つのはもちろん、垂れずに注ぎやすいというメリットもあります。

bottle

モンキーバナナの香りとゴーヤの苦み、ピリピリとした辛みが特徴的なこちらのオイル。

キャップを開けると、びよ~んと飛び出す注ぎ口!

これも垂れずに注げる優れもの♪

キャップを締める時は、この注ぎ口をぎゅっと押し込みます。

便利だけれど、こわれたり不具合がでそうだなぁ…。


テイスティングした7種類のうち、

よかったのは、シチリアのオイルとトスカーナのブレンド。

EXVオリーブオイルの香りや味わいは、ほんと千差万別!

品種によって、収穫時期によって、搾油方法によっても

異なる香りや味わいの個性豊かなオイルがうまれます。

たいてい、搾りたての時期にテイスティングすると、どのオイルもおいしいもの!

ボトリングしてから8ヵ月位が経った今位の時期に、

オイルの状態を確認するのはとても大事だと感じています。

最初はすばらしいオイルも、

4ヵ月位であっという間に酸化が進んでしまい、別物のオイルになることも…。


オイルも暑さが苦手です。

でも、冷蔵庫に入れると、オイルは固まってしまい、香りもなくなります。

常温に置いておけば元に戻りますが、冷蔵庫に入れることはおすすめできません。

キッチンだったら、シンクの下等、なるべく気温の低めの場所に保管してくださいね。

クーラーをつけている部屋に置いておくのも一案です!


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中