新酒ワイン、山梨ヌーボー解禁!

vini

日本が誇るワイン産地である山梨。

11月第1週目の土曜は、山梨ヌーボーの解禁日!

この日、甲府市の老舗酒店「依田酒店」でも山梨産の新酒ワインがずらりと並びました!

日本固有のブドウ品種といえば、「甲州」と「マスカット・ベーリーA」。

この2品種で醸造された新酒ワインが山梨ヌーボーです。

aceto

山梨産のブドウでつくられるのは、ワインだけではありません。

遂にバルサミコも登場!!

ブドウ品種は、日本の野山に自生する山ブドウと

ピノ・ノワールを交配して誕生させたというオンリーワンの品種。

一番搾りのブドウ果汁を煮詰めては濾し、煮詰めては濾すことを何度も繰り返し、

樽熟成をさせたという、3年ものをテイスティングさせていただきました。

深みのある優しい香り、ブドウの甘さのなかに程よい酸味が♪

map

この日の夜、山梨県産のワインと野菜が味わえる、甲府市の「フォーハーツ・カフェ」へ。

もちろん、早速ヌーボーを味わいます♪

山梨のワイナリーの説明をしてくれたのは、熱い男、マスターの大木さん!

今、山梨は「ワインツーリズム」が熱いのです♪

「ワインツーリズム」とは、ワイン産地を訪れ、生産者と話し、テイスティングをし、

産地ならではの体験をしてもらうことで山梨を盛り上げていこうというもの。

大木さんも、心身を削って「ワインツーリズム」の普及に尽力されています!

kabu

これ、焼おにぎりではありません。

「フォーハーツカフェ」でいただいた、山梨県産のカブを丸ごと焼いたもの!

味付けは塩とニンニクとオリーブオイルのみ。

カブの甘みがほっこりと、口いっぱいに広がります♪

ダイナミックに焼いた地元野菜をつまみに、

山梨ワインを飲み、語り、おいしい夜が更けていきます!

koousyuu

後日、依田酒店で購入した山梨ヌーボーが、宅配で自宅に無事到着!

ブドウ品種は、1000年以上の歴史がある日本固有の品種「甲州」。

繊細な香りで、すっきりと飲みやすい辛口♪

新酒ワインにありがちなブドウジュースっぽさはなく、

ほのかにブドウの苦みや渋みも感じられる、堂々たる白ワインです。

和食にはとてもよく合います!!

ワイン好きは、ついつい海外ワインに目を向けがちだけど、

日本のワインにももっと注目です!

 

◆甲府「依田酒店」

http://www.yodasaketen.co.jp/


◆ワインツーリズム山梨

http://www.yamanashiwine.com/

◆甲府「フォーハーツ・カフェ」

http://tabelog.com/yamanashi/A1901/A190101/19001024/

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中