食を科学的に捉える食科学大学!

SF

イタリア北部、ピエモンテ州のポッレンツォという小さな町に、

食科学大学(University of gastronomic sciences)があります。

世界で初めての食科学を専門とする大学で、

スローフードの理念に基づき、2004年に設立されました。

学び舎は、改装されたサヴォイヤ王家のポッレンツォ城!

なんとも優雅です。

insegnante

食科学大学でも教鞭を振るうクリスティアーノさん。

以前、イタリア商工会議所とスローフードイタリア共催のセミナーのために来日し、

食の背景にある歴史や栽培学、生産理論を学ぶだけではなく、

食を科学的な視点で捉えることも大切だと教えてくれました。

オリーブオイルもしかり!!

このセミナーに、食科学大学でクリスティアーノさんの教え子だった方も参加されていて、

初めて食科学大学という存在を知りました。

食科学大学では食を体系的に学ぶ座学に加え、実際に食品生産者を訪れる実践篇も。

特に地元に根付き、環境にやさしい農業を推進する人々の元で、

実際に見て、聞いて、味わって、

「おいしくてきれいで正しい」食文化を追求していくのだそうです。

食科学大学では、生産から流通、販売、マーケティングまでの全分野にわたり、

質の高い食品づくりに精通する人物を育てるのが目的なんだとか!

最近、食品の誤表示なのか偽装なのか分からない問題が噴出しています。

食の安全には、確かに幅広い分野の知識が欠かせませんね。



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中