最高級の大理石といえばカッラーラ産!

daining

なんとも豪華なロココ様式のダイニング!

ニューオータニにあるフレンチレストラン「トゥール・ダルジャン」です。

セーヌ河畔にある本店の唯一の海外支店として、1984年にオープン。

鴨料理で名高いフレンチの名店です。

パリ本店の創業はなんと1582年。

その年の日本は、まだ戦国時代の真っただ中!

本能寺の変がおこった年に、かたやパリでは、

セーヌを眺め、美食を楽しむグランメゾンが誕生していたんですね。

front

このダイニング全体を見渡せる位置に置かれたこのテーブル。

優雅にたゆたうドレープがなんとも美しいではないですか!

見事なクロスと思いきや…、実はこれ、大理石でつくられたもの。

side

サイドから見るとこんな感じ。

クロスを思わせるドレープも、すべて大理石の彫刻なんです!

大理石といえば、やっぱりイタリア・トスカーナのカッラーラ!!

リグーリア州との州境に近く、

フィレンツェの北西約126kmに位置する小さな町です。

背後にそびえる白い山肌の山々が、まさに大理石の山!

かつてミケランジェロをも魅了した、美しい大理石を産出します。

トゥールダルジャンのこのテーブルの大理石も、カッラーラ産。

カッラーラから大理石をベルギーへ運んで彫刻を施し、

それからパリで磨きあげて、東京へと運ばれたそうです。

最高級を求めて、イタリアからベルギー、パリ、そして東京へ!

この大理石のテーブルは、

400年もの歴史を誇るトゥールダルジャンの名物料理、

幼鴨のローストに添える伝統的なソース、鴨の血のソースをつくるためのもの。

まず、この大理石のテーブルがありきで、

ダイニングの配置も決めていったのだそうです。


料理、サービス、雰囲気と三拍子揃うだけではなく、

各所に散りばめられた老舗ならではの物語が、

やはり特別な空間を演出してくれるのですね。

まさにハレの場にふさわしいお店です!!


◆トゥールダルジャン

http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/tour/index.html

◆オリーブ・ランド

http://www.oliveland.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中