イタリアはオリーブオイルの輸入国?

GEDC6615

1月31日付けのイタリアの『ラ・レプッブリカ(La Repubblica)』紙によると、

2013年、イタリアのオリーブオイルの輸出量は345百万リットル!

そのうち、アメリカに輸出されたのは110百万リットル。

輸出量の約1/3は、アメリカ向けというわけです。

一方、イタリアはオリーブオイルの輸入国でもあるのです。

2013年の輸入量はなんと445百万リットル!

イタリアは、スペインに次ぐ世界第2位のオリーブオイル生産国。

なぜ、わざわざ輸入する必要があるのか??

そもそも、輸出量より輸入量が多いのはなぜか??

EXVsuiside

先日、NYCタイムズ紙が「Extra Virgin Suicide」と題し、

アメリカに輸入されているイタリア産偽装オリーブオイルのからくりを、

イラスト付きで報じました。

それに対し、ラ・レプッブリカ紙は、

イタリアの一部の偽装オイルに関しては、2011年末に既に同紙で報じているとし、

その後の調査で明らかになった偽装のさらなる実態、

及びイタリアの偽装オイル撲滅への取り組み等を紹介しています。

また、NYCタイムズ紙の記事に対して怒りを表明した、

本物のイタリア産EXVオリーブオイルをつくる誠実な生産者の声をうけ、

NYCタイムズ紙が一部の記事を書き直したとも報じてます。

ラ・レプッブリカ紙が1Pをさいて書いているイタリア産オリーブオイルの偽装の実態。

驚愕の内容は、次回に続く!


◆NYCCタイムズ紙の「Extra Virgin Suicide」の内容は、2月4日のブログで紹介↓

http://wp.me/p3mNay-bWrn4


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中