イタリアでもカーシェアリングが流行中!

GEDC7114_low

日本でも今、カーシェアリングを利用する人が増えています。

普段は電車で十分だけど、たまに短時間だけ車を使いたいという時に、

このカーシェアリングはとっても便利なのです!

なにより、スマホで予約や空車の検索ができるうえ、

料金も分単位という気軽さもあり、都市生活者のニーズをガッツリつかんでいます。

実は、イタリアでもカーシェアリングが流行の兆し!

ダイムラーの子会社、Car2Go(カートゥーゴー)が運営するカーシェアリング事業が、

2013年8月からミラノに、そして2014年3月にはローマにも参入し、イタリア全土に拡大中。

写真の2人乗りのマイクロ・カー「Smart」を利用できるとあって、

若者を中心に利用者が急増しています!

GEDC7116_low

利用の仕方は簡単!

まずCar2Go(カートゥーゴー)の会員になり、メンバーカードを手に入れ、

使いたい時にスマホで検索して予約をすればよいだけ。

カードで車をあければ、車内にはナビも付いているし、

市内であれば限定はされてるものの、乗り捨てが可能!

料金は、イタリアの場合、ガソリン代込で1分29セント。

分単位で課金されるという手軽さも、人気の要因です。

ミラノもローマも、一般車は市内中心部は立ち入り禁止だけれど、

Car2Goだと一般車が入れない道にも入れるのです!

加えて、写真のようにブルーラインがあるスペースに駐車すると、

通常は1時間1€かかるけど、Car2Goの場合は無料!!

2人乗りだからファミリーでの利用は無理だけど、

1人か2人で出かける時には小回りも効くし、いいこと尽くめなのです!

ミラノでは、Car2Goのおかげでタクシー会社の仕事がグゥーンと減ったそう…。

ローマがそうなる日も近いかも。


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

タコとポテトのレモン風味オリーブオイル焼き♪

IMG_1397 (800x600) (2)

タコとジャガイモは、イタリアの家庭料理でよく登場する組み合わせ!

とても相性がいいのです。

イタリアでは、モスカルディーニ(Moscardini)という、

ちょっと小さめのジャコウダコを使います。

レモン風味でさっぱりといただける、前菜にもメインにもOKな一皿です。

●材料(2~3人前)

ジャガイモ 大3個

ジャコウダコ 約450g

レモン 1個

エシャロット 1本

水 50ml

塩   EXVオリーブオイル

●作り方

IMG_1380-(800x600)_low

1.ジャガイモを食べやすい大きさに、エシャロットは細かく切る。

2.フライパンにEXVオリーブオイルをいれ、すばやくエシャロットを炒める。

IMG_1382-(800x600)_low

3.次にジャガイモを加えて弱火で炒め、塩を加えて味を整える。

4.水をいれたらフタをしてそのまま約5分、その後フタを取り水分をとばす。

IMG_1389-(600x800)_low

5.吸盤やぬめりを取り、食べやすい大きさに切ったタコをフライパンへ入れ、

よく混ぜ合わせる。

6.タコに火が通り、色が変わったらレモンの搾り汁をいれ、さらに3~4分!

最後に味をみて、必要に応じて塩で調整を。

7.お皿に盛りつけ、仕上げにEXVオリーブオイルを回しかけて完成!


お好みで、ニンニクやハーブを入れて炒めたり、

最後に刻んだイタリアンパセリを加えても美味です。

アツアツでも冷たくしてもおいしくいただける一品です♪


◆上質なEXVオリーブオイルはオリーブ・ランドのオンラインショップで♪

http://oliveland.shop-pro.jp

ミクニ流食べるアンチエイジング!

radish_low

お皿に置かれた丸ごとラディッシュ!

根も葉も実も、ハーブ入り天然塩でいただきます。

EXVオリーブオイルをつけてもおいしいよなぁ…!!


素材にこだわり、素材のチカラをいかすフレンチの巨匠、三國シェフ。

「オテル・ド・ミクニ」は四谷に店を構えて、今年30年目を迎えます。

三國シェフが提案するのは、


「食べるアンチエイジング」!

 


この日は、三國シェフとライフスタイルコーディネーターの羽鳥冬子さんとの

コラボレートチャリティーランチ♪

売上金の一部は東日本大震災の被災地の小学校へ直接寄付されます。

soup_low

ラディッシュの次は、グリーンアスパラのヴルーテ、カプチーノ仕立て!

春のアスパラのおいしさが凝縮したスープは、ほんと美味♪

一口ごとに身体がきれいになる感じ。

グリーンアスパラには血管機能を向上させ、肌をみずみずしく保つ効果が!!

fish_low

桜色に染まった真鯛のポシェ。

下には桜のリゾットとクレソンサラダ、山菜や海藻、シャンピニオン添え。

真鯛は良質のたんぱく質が豊富で、しかも低脂肪。

理想的なアンチエイジング食材なのだそうです!

やさしい味だけど、個人的にはもうちょっとアクセントがある方が好きかも。

meat_low

北海道産牛フィレ肉のポワレ。

牛肉は鉄分が豊富なので、血行増進、冷え性対策にも効果的。

周りを取り囲むのは、

タケノコ、ペコロス、椎茸、大根、そしてウドの5種類の温野菜。

繊細で美しい盛り付けは、芸術です!

lemon_low

なんて美しいレモンイエロー!!

小樽の乳酸菌たっぷりのフロマージュブラン♪

添えられているのは高知産の黄金柑。レモンのような柚子のような!

乳酸菌が整腸作用、解毒作用、免疫力を高め、

黄金柑に含まれる豊富なビタミンCが活性酵素を除去し、

メラニンの増殖も抑えてくれる、この時期うれしい一品。

dolce_low

デザートでもさらにビタミン・チャージ♪

人参とマンゴーのジュレ寄せ、マンゴーのシャーベット、金柑のタルト!

ドライアイスが入ったグラスには、

羽鳥さんプロデュース、香り付けのスプレーを振りかける演出も。

mikuni_low

今年、還暦を迎えるという三國シェフ。

「いつも味見をしているから腹が丸いんだ」と笑いながら、メニューの説明をしてくれました。

糖質を抑え、旬の野菜をふんだんに使ったミクニ流フレンチは、

見てよし、食べてよし、身体にもよし!

フレンチ=高カロリーで身体によくないといったイメージを覆してくれました。

食材の持つ「チカラ」を知り、バランスよく組み合わせ、おいしく食べる!

You are what you eat!!

 

 


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

ローマの「カゼッタ・ロッサ」の石釜パン♪

GEDC7055-(2)

ローマ南部のガルバテッラ(Garbatella)は、人気の下町エリア。

ここに、「カゼッタ・ロッサ (Casetta Rossa)」というトラットリアがあります。

カゼッタ・ロッサとは”小さな赤い家”という意味。

メニューは日替わりで、

アンティパスト3種類、プリーモ3種類、セコンド3種類、

付け合せ野菜3種類から選べ、

デザートとドリンク込みで、1人12~15ユーロで食事ができます。

だから、週末は家族連れで大賑わい!

GEDC7031

ここでのお楽しみは食事だけではありません。

ご近所の常連さん達にとってのお目当ては、

昨年カゼッタ・ロッサの庭にできた、この大きなレンガの石釜!

GEDC7029

毎週土曜の2時になると、ご近所さんは、家でつくってきたパンを持ち寄り、

この石釜で焼いてもらうのです。

費用はタダ!石釜用の薪を時々寄付すればよいだけ!!

GEDC7043-(2)

パンが焼けるのを待つ間は、楽しいおしゃべりタ〜イム!

pane

そうこうしているうちに、おいしそうにパンが焼きあがりました♪

まさに「同じ釜の飯を食う」ならぬ「同じ釜のパンを食う」仲!


かつて、町の共同洗濯場や共同パン焼き場が井戸端会議の場所であり、

ご近所付き合いの基点になっていた時代も。

時が流れても、この町ではカゼッタ・ロッサがその役割を担い、

「石釜があるんだから、みんなで使えばいいじゃん!」的なおおらかさ、

なんだかいいですよね。

この石釜を使ってピッツァ・パーティーが開かれることもあるそうです♪



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

イースターのドルチェ「コロンバ」の仕掛人!

GEDC6749low

4月21日はイースター・マンデーの祝日。

イースターに食べるお菓子といえば、

卵やウサギをかたどったイースターエッグやイースターバニーだけではないんです!

「コロンバ(colomba=鳩)」という鳩の形をした焼き菓子もあります。


クリスマスにはパネットーネ

イースターにはコロンバ!


どうやらこれを仕掛けたのが、写真のモッタ社(Motta)。

パネットーネで有名なイタリアの大手菓子メーカーで、

まさに第2のパネットーネとするべく開発したのがコロンバ。

大々的な広告が功を奏し、

コロンバはイースターのお菓子としてイタリア全土に広まったようです!

これって、日本で森永製菓がバレンタイン企画を新聞広告で展開し、

バレンタイン・デーの認知向上を図ったのと同じ戦略じゃあないですか!

GEDC6875low

キリスト教では、鳩は平和と救いのシンボル。

イースター(復活祭)のお菓子としてはまさにピッタリ!

プレーンなタイプ以外にもチョコレート入りのコロンバもあります。


いつも思うけど、このコロンバ、どうしても鳩には見えない(笑)。

鎌倉土産の定番、鳩サブレーのような「鳩らしさ」が欲しいところ!

日本のお菓子業界だったら、抹茶味やらゴマ風味、バニラ味等、

これでもか〜の多彩なコロンバ商品が出回りそう!



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

イースターの卵とウサギ♪

GEDC7004low

ここは、ドロゲリア(Drogheria)と呼ばれる昔ながらの食料雑貨店!

スーパーが発達する以前、ドロゲリアはイタリア中にあり、

日本でいうところの「よろずや」みたいな存在でした。

写真の「Gilberto」はボローニャにあり、

今では食科を売る店と、雑貨を売る店とに店舗を分けています。

GEDC7003low

この時期、店内で目に入るのはチョコレート!!!

とにかく種類が多いのです。

なぜなら今年の4月20日はイースター(復活祭)!

イースター(復活祭)は、イエス・キリストの復活を祝う記念日で、

イースターに欠かせないものといえば「イースター・エッグ」。

卵は生命や復活のシンボルとされ、この時期、

卵や子だくさんのウサギなどをかたどったチョコレートがたくさん登場します!

GEDC6998low

卵の殻を破ってでてきたひよこ。

キリストが死という殻を破って復活したことを象徴!

GEDC6999low

豊穣のシンボルであるウサギも、イースターには欠かせません!

GEDC7005low

卵型をしたチョコレートの詰め合わせも、いろいろー♪


春の祭典、イースター。

イタリアでは、お祭りごとに食べるお菓子があるのも、また楽し!


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

EXVオリーブオイル「セッテ・トッリ」が優勝!

UgoPrize2014_low

2014年もやりました!!

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ) パエザーナ・ビアンカ種」が、

モリーゼ州の商工会議所主催のオリーブオイルコンテストで


優勝しました!!


単一品種fruttato medio/leggero部門での優勝は、

昨年に続いての快挙です。

7 TORRI(セッテ・トッリ)の生産者、ウーゴの顔も誇らしげ♪

7TorriPrize2014_low

優勝の盾も、モリーゼらしく素朴な感じがまたよろしい!

優勝記念のステッカーが7 TORRI(セッテ・トッリ)のボトルにも貼られてます。

アーモンドの香り、青いバナナのような味わいの7 TORRI(セッテ・トッリ)は、

とってもフルーティー♪

ウーゴを始め、27のオリーブ農家が丹精込めてつくってます。

赤ちゃんの離乳食を始め、サラダや魚介類、スープなどなど、

いろいろな料理に合わせてお使いいただけます。

ぜひお試しください!


◆EXVオリーブオイル 7 TORRI(セッテ・トッリ)

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41636126