ローマにある魔法の門「La Porta Magica」!

Porta-Magica_low

ローマに「魔法の門(La Porta Magica)」があるのをご存知ですか?

別名「錬金術の門」!

17世紀、この地に建造されたのが、

マッシミリアーノ2世・パロンバーラ侯爵の屋敷。

今は、屋敷そのものは跡形もありませんが、

唯一現存するのが、屋敷にあった5つの門のうちのひとつ、

写真にある、白く縁取りされた「魔法の門」なのです。

マッシミリアーノ侯爵は錬金術の愛好家として知られ、

錬金術師や占星術師を屋敷に集め、錬金の研究をしていたといわれます。

では、錬金術とはいったい何なの??

難しいけど、「真理を追究するための学問」ということらしい。

錬金術が後に細分化され、化学や物理学、医学、天文学など、

現代科学をうみだすきっかけとなったのだそうです。

もともとは、錬金術の文字にある通り、着目したのは「金」。

元素である金を他の物質から作り出す方法を究明しようとしたのが始まり。

一方、「この世界はすべて神が創ったもの」とするキリスト教にとっては、

真理を追究することは、すなわち大罪!

錬金術師は迫害され、それをかくまったのが貴族や商人たちだったのです。

Book-Porta-Magica_low

ある日マッシミリアーノ侯爵は、錬金術師のフランチェスコ・ジュゼッペ・ボッリ

(Francesco Giuseppe Borri)を屋敷に泊めました。

ボッリは侯爵の庭で金を作る賢者の石を探していたといわれ、

翌朝侯爵が起きてみるとボッリの姿はなく、

その代わりに残されていたのが、魔法の暗号文が書かれた一片の紙!!

マッシミリアーノ侯爵は、その暗号文を屋敷の壁と門に写し、

多くの人の目にさらすことで、

いつか誰かが金の作り方を解読してくれるのを待ったのだといわれます。

写真にある本の表紙が、魔法の門に描かれた暗号!!

いかにも秘法っぽい!!果たして、金の作り方は解明されているのか否か???

GEDC6629_low

この「魔法の門」は、ローマで最も大きな広場、ヴィットーリオ広場にあります。

正式名称は、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世広場 (Piazza Vittorio Emanuele II)。

緑が多く、中心には庭園があり、

アレクサンダー・セウェルスの噴水の遺跡や古代ローマの水道遺跡などが見られます。


ちなみに、最初の写真の魔法の門の両脇に置かれている2体の彫刻は、

マッシミリアーノ侯爵の屋敷とは全く関係がありません。

ベス(Bes)という、家と子供を守るエジプトの守り神で、

古代ローマ時代にエジプトの神殿があったクイリナーレの丘で発見されたものを、

1888年にヴィットーリオ広場に持ってきて、魔法の門の両脇に設置しただけ。

とはいえそれ以来、ベスが魔法の門を守り続けているのかも〜!



◆金賞受賞のEXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」

  オンラインショップで好評販売中!

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中