イタリアでオリーブオイルの法律が一部改正!

2cap

これは、EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」の注ぎ口。

よーく見てください。ちょっと普通の注ぎ口とは形状が違うでしょ?

実はこれ、偽造防止用キャップなのです。

この注ぎ口、特殊なつくりになっていて、

ボトリングした後は、一切継ぎ足しができません。

注ぎ口の穴が小さいので、使う時はドバッと出過ぎないし、

液だれしにくいという優れもの!

残念なことにイタリアでは、

イタリア産を名乗る偽造オリーブオイルの問題が後を絶たないのです。


そこで!!


イタリアでは、オリーブオイルの法律が一部改正されたのです。

レストランで消費者に直接提供されるオリーブオイル(厨房は除く)は、

継ぎ足しできない注ぎ口を使用しなければいけなくなったのです!!

つまり、レ・マルスィカーネと同じキャップじゃないといけない。


さらに!!


EU域内の他国、もしくはEU以外の国のヴァージン・オリーブオイルか

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルが混ざっている場合、

ラベル上に “miscela”(ミックス)と記載することが義務づけられました。

これは、消費者にとってはとてもいいこと♡

これまでは、他国のオイルが混じっていても、

イタリアでボトリングすれば、原産国はイタリアとなっていたから…。

イタリアの真面目な生産者は皆、喜んでいるでしょう!!



◆EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中