夏の疲れを癒す薬膳の夕べ!

baicyuu

暑かった日々が懐かしくなるような、ここのところの涼しさ!

と同時に、夏の疲れも出始める頃。

そんな季節の変わり目の8月末、食事で気をつけるべきこととは?


「疲れた身体の回復を図るため、消化がよく滋養のあるものを食べる」

「乾燥する秋に備え、潤いを与えてくれる食材を選ぶ」


と教えてくれたのは、和漢膳プロフェッサーの阿部富美さん。

昨日、湘南茅ヶ崎の中華料理「ロンタンリ」さんで、

阿部さんのミニ薬膳セミナーが行われた後、

シェフの雲井さんが腕を振るう「夏の疲れをとる薬膳料理」を堪能しました!

写真は、白酒(バイチュウ)を使った強壮効果のある食前酒。

中国で乾杯をする時は、これでしょ!! でも、とっても強〜いお酒です。

zensai

スタートは四種の前菜。

手前真ん中が姿クラゲの冷菜。

時計回りに、ちがさき牛の陳皮風味、クルミの飴がけ、地鶏の紹興酒漬。

姿クラゲとは、メキシコ中米産キャノンボールクラゲを加工した高級クラゲ!

食べるとコーリコリのプーリプリで美味♡

クラゲは高血圧予防やムクミ予防に効果的で、夏の疲れをとるのにもピッタリ。

同じテーブルに「クラゲ普及協会会長」の福田さんがいらして、

奥深いクラゲ話で盛り上がりました!

牛肉は体力アップに、陳皮は気を高め、クルミは肌の潤いを保ち、

鶏肉は胃に負担をかけずに体力回復に役立つという、すばらしき食材。

zuppa

ほっこりと身体のなかから元気になるような、薬膳スープ♡

胃腸の疲れを改善する高麗人参、胃腸の調子を整えるナツメ、

滋養効果のあるクコの実の他、鶏肉、大和芋入り。

ooebi

プリップリの大海老と長芋、枝豆の炒め。

海老は身体を温め、周りに散らした紅花は、血流をよくしてくれる効果が。

chigasakigyu

ちがさき牛とマコモ竹のオーブン焼き。人参と豆鼓ソース添え。

マコモ竹に巻いて香ばしく焼き上げた茅ヶ崎産のちがさき牛を、

2種類のソースで楽しみます。

奥にある赤唐辛子は、一口かじるとパッと目が覚めるような辛さ!!

awabi

乾しアワビの煮込み、金針菜添え。

アワビは高タンパク低脂肪で滋養にも良し!!

噛むごとにアワビの旨みが口いっぱいに広がり、幸せ♡

この煮汁がまたおいしくて、ご飯にかけて食べたいくらい(笑)。

金針葉は、胃腸の働きを高めてくれます。

yasai

季節の野菜炒め。

茅ヶ崎産のオクラをはじめ、いろいろな野菜がたっぷり!

散りばめられた松の実は、飾りじゃあないんです。

身体の中だけでなく、肌や髪も潤してくれるという優れもの!

okayu

五穀米のおかゆ。

やさしいおいしさにホッとします!

おかゆに入っている小豆は、ムクミを予防しデトックスの働きも。

nankin

初めて食べた、カボチャ餅♪

大根餅は点心の定番だけど、カボチャ餅は初めて!

パクッとすると、中にはカスタードとカボチャと白玉粉入りの餡がたっぷり。

おいし〜♡ これはもうスイーツです!! カボチャ好きにはたまらな〜い♪

purin

さらにさらに、〆を飾るのは豆乳プリン♪

血や水の巡りを良くし、潤いを与えてくれるという豆乳もたっぷり注入し、

満腹で満喫!!


特別な食材じゃなくても、日常的に使う食材の効果を知っていれば、

食べることで体調を改善していくことも可能。

医食同源を体感しました!!



◆湘南茅ヶ崎の中華料理「ロンタンリ」

http://www.longtangli.com

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中