スモーキーな食べ合わせの妙。

IMG_2437_low

ウイスキー誕生の地といえば、スコットランド。

最近、朝の連ドラ『マッサン』の影響もあってか、ウィスキーに注目が集まっているらしい。

たまたま行ったシングルモルトのバーで出会ったのが、

写真の「アードベッグ(Ardbeg)」という、スコットランド南西部アイラ島のウイスキー。

グラスに注いだ瞬間からたちのぼる、複雑でスモーキーな香り。

口に含むと、なんとも深みのある味わいで、ドライなフィニッシュ。


う~ん、強い!!


ちょっとtoo strongなので、お供に頼んだのが「いぶりがっこ」。

秋田の保存食、大根を燻してつくった漬物です。

これが不思議!

いぶりがっこを一口食べた後、アードベッグを一口飲む。

単体で味わうより、ずっとずっとおいしい!

これぞ、スモーキーな似た者同士、相性の良さがうみだす相乗効果!!


ウイスキーにしろ、ワインにしろ、

どんな食材、どんな料理とあわせるかで、

お互いの良さを消しちゃうこともあれば、最大限にそのパワーを引き出すことも。

これは、EXVオリーブオイルも同じ!

似た者同士、「美男美女型」の組み合わせは、まさに王道。

苦みや辛みが強めなストロングなEXVオリーブオイルには、

お肉やグリル料理、ハーブを使った料理がびたっとハマります。



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.olilveland.jp

 

 

広告

パスタのような人参サラダ!

IMG_2433_low

人参がたくさんあったらどうする?

カレーにシチューに肉じゃがに温野菜?

意外と、サラダでは存在感のない人参だけど、

ピーラーで薄くスライスしてできちゃう、簡単ニンジンサラダをご紹介♪

●材料(2人前)

人参     1本

ハム  2枚

★ドレッシングの材料

ニンニク(すりおろす) 1片

ワインビネガー 大さじ1

塩   小さじ1/2

ブラックペッパー 適宜

EXVオリーブオイル 大さじ1

◆作り方

①ピーラーで薄くスライスした人参を、熱湯に15秒ほどいれたらサルにあげ、

粗熱をとり、水気をしっかりとる。

②ドレッシングの材料をよく混ぜ、細切りにしたハムと①の人参をあえれば完成!


一見、人参のパスタのよう♪

人参は茹ですぎず、固すぎず、柔らかすぎず、アルデンテが命!!

ビタミンカラー全開の元気になるサラダです。

上質なEXVオリーブオイルでおいしさUP!

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

ボローニャの食を楽しむMercato di Mezzo!

1723862_10152570908356316_134595320814886626_n

イタリア北部の街ボローニャは、食の都!

イタリア在住のJuliaが、

おすすめのダイニング・スポットをレポートしてくれました。

地元っ子にも観光客にも人気の、

「メルカート・ディ・メッツォ(Mercato di Mezzo)」です。

ここにはワインバーやビールスタンド、パスタやスイーツショップ、

サラミや生ハム専門店、魚屋さんまで幅広い食料品店が軒を連ね、

ヘルシーなスムージーを売る野菜・果物スタンドも!

ボローニャの自慢のローカルフードが揃ってます♡

メルカート(イタリア語で市場の意)といっても、

賑々しい感じとは違い、とってもモダン。

買い物するというより、好きな店から好きなものを買ってその場で食べる。

そんなフードコート的気軽さが人気です。

10959764_10152570914556316_8810571912716606596_n

早速、パスタショップでチョイスしたのは、

「トルテッリーニ・イン・ブロード(Tortellini in Brodo)」。

寒い冬におすすめの、ボローニャ名物のスープパスタです!

中にひき肉やチーズ等を詰めた、トルテリーニというショートパスタ入り。

10389346_10152570911941316_1397615079593958129_n

なんともキュートなこのお店にも注目!

お肉屋さんの「ロマンツォ(ROMANZO)」です。

10922755_10152570912461316_8270754512599729428_n

さすがお肉屋さんだけあって、お肉のフード・メニューが充実!

10959533_10152570912656316_3434379358161954271_n

トリュフの芳しい香りがたまらな〜い♡

黒トリュフとタレッジョ・チーズ入りのハンバーガー(Hamburger tartufo nero e taleggio)。

10906412_10152570913076316_980505360279130977_n

牛肉とパルマのハムとパルメジャーノ入りのミートボール(Polpette)。

美味です♡


「メルカート・ディ・メッツォ(Mercato di Mezzo)」は、

ボローニャの中心地、マッジョーレ広場のすぐそばにあり、利便性も抜群。

中央のテーブルで食事をしていると、

国際色豊かな言語が飛び交い、そんな雰囲気もまた楽しいもの。

ボローニャで気軽に地元の味を楽しみたいなら、おすすめです!

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

 

イタリアはボローニャもフォルネッリも雪、雪、雪!

10383663_10152570908606316_5615381092522852241_n

薬局の看板の上にも雪。

10615478_10152570910756316_7283330632799018529_n

教会の前にも雪。

10931420_10152570909176316_1742914466860229077_n

どこもかしこも雪なんです!

先週末、イタリア半島全体は悪天候に見舞われ、

大雪の影響を受けたところも多く、電車は遅れるわ、高速道路は閉鎖するわで大混乱。

ここイタリア北部、エミリア・ロマーナ州のボローニャも、

大雪の被害を受けた場所のひとつ。

地元の人々は雪かきに追われ、氷が溶けてお店が浸水したりと大変!


雪の影響は北部だけではないんです。

イタリア中部、EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」の生産地、

モリーゼ州のフォルネッリも雪!!

そのため、新オイルの出荷は現在スタンバイの状態です。

寒すぎるとオイルも凍えてしまうんです。

暑すぎても品質に影響がある。

だから、船便は利用せず、空輸で仕入れてます。

飛行機に乗る前に凍えないようにしないと!

生産者が丹精込めてつくったこだわりのオイルだから、

最良の状態で輸入したい!!

だから、もうちょっと待っててくださいね。

 


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

 

江の島に龍、現る!

IMG_2051-low

黄昏時の冬の江の島は静かです。

空気が澄んでいるから、富士山もくっきり!

ふと、雲の形が龍っぽいなと思って見ていたら、

ちょうど目にあたる部分へ夕陽が射し込み、

光線がピカーン☆


この写真の左側には江の島があります。

江の島と龍はきってもきれない関係。

ある時、天変地異がおこり、海上にひとつの島が隆起。

それが今の江の島で、そこへ美しい天女が舞い降りる。

その天女に一目惚れしたのが、このエリアを支配していた悪名高き五頭竜。

天女にプロポーズするものの、

それまでの人間に対する悪行を理由に断られた五頭竜は、

翌日に心を改め、人間を守ることを誓ったという言い伝えがあるのです。


その後、五頭龍は、実りの秋には台風をはね返し、

日照りの年には雨を降らせ、

津波には体当たりして押し返し、まさに身体を張って人々を守った!

その後、身体が衰えた五頭龍は、

「これからは山となって村を守る」と、海を渡り、

片瀬の龍口山になったと言われています。


いつまでも眼光鋭く、人々を守り続けてください!!



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

自慢したくなる、パイカヌレ。

IMG_0016_low

艶やかでカラフルな「カヌレ」です!

ティラミスやナタデココ、さまさまなスイーツブームがおきた中、

カヌレが流行ったのは10年以上も前だろうか(遠い目)。

当時は素朴な焼き菓子といった印象で、

ブレイクするほどのインパクトはなかったように思う。


でもでも、2015年のこのカヌレは別!

まずは見て楽しい♡

元気になるビタミンカラーは、

無農薬栽培のほうれん草やゆず、ルバーブ、カボチャといった、

自然がつくりだした野菜の色。


素材へのこだわりもすごい!

ワクワクするようなトッピングは、

無農薬のくるみの塩キャラメルだったり、フレンチローズ、

オーガニックのフェンネルシードやアニスシードなどなど。


生地のほうは、

「外側カリッ、中しっとり」といったカヌレの特徴は残しつつ、

使っている素材は身体に最良のものをチョイス。

カリッの部分には、高品質の高千穂産バターとフランスの岩塩が。

しっとり部分には南阿蘇の湧き水、小麦粉、自然卵に加え、

イタリア産EXVオリーブオイルが使われている!

食べた後に軽く感じる理由はココにあるのかも〜。

 

加えて、これはただの「カヌレ」ではなく「パイカヌレ」なんです。

その名の通り、生地自体がなんと729層もの織り込み層に!

小さなカヌレ型のなかに、ものすごい年輪が刻まれています。

 

目で楽しみ、素材も安心、そしてなによりおいしい♡

12種類、すべて味わい尽くした自分の中でのトップ3は、

エルブドプロヴァンス&ミント(写真右列下から2番目)、

クルミの塩キャラメル&けしの実(真ん中列上から2番目)、

フレンチローズ&クランベリー(真ん中列上から3番目)!!

 

腕利きのフレンチシェフが最良の素材を使って作った、

まさに渾身の自信作「パイカヌレ」。

まだ発売前ですが、

そのおいしさに感動したので、ちょっとご紹介♡

発売が楽しみです♪




◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp