モンタルチーノでワインとチーズと蜂蜜と。

717low

ワインボトルの看板がそそられる、エントランス。

左のボトルには、ロッソ・ディ・モンタルチーノ(Rosso di Montalcino)!

そして、右の横になったボトルには、

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(Brunello di Montalcino)!!

ともに、イタリア屈指のワイン産地、

トスカーナ州モンタルチーノを代表する有名ワインです♪

20150717_130625_low

ここは、1859年創業の、カパルツォ(Caparzo)社のワイナリー。

広大なぶどう畑の他、オリーブ畑も所有しています。

20150717_121401_low

早速、ブルネッロとロッソをテイスティング。

なめらかでふくよか。調和がとれ、奥行きのある味わい♪

20150717_120219_low

ワインにあわせるのは、

オリーブオイルをかけたブルスケッタと、名産の生ハムやサラミ。

20150717_120514_low

トスカーナの代表的なペースト、

鶏肉のレバーペーストをのせたクロスティーニ(Crostini)。

ワインにめちゃくちゃ合う!!

20150717_120239_low

薄くスライスしたペコリーノ・トスカーノに、地元産の蜂蜜をかけて♪

ペコリーノと蜂蜜とワイン。これはもう…たまりません!!


トスカーナはイタリア屈指のワイン産地であり、

豊かな大地の恵みを享受した、まさに食材の宝庫。

今回のテイスティングは、

ワイン3種類、ハムやサラミ、チーズ、ブルスケッタ2種類、

自家製クッキーとデザートワイン、そしてフルーツがついて、1人€25!

至福のひと時を味わえます!!



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

広告

トマトが赤くなっている今、青くなっているのは?

GE DIGITAL CAMERA

太陽を浴びて育ったトマトは、おいしい!

写真は、イタリア・モリーゼ州の農家の方からいただいた山盛りトマト♪

今や一年中手に入るトマトだけど、夏が旬。

GEDC8405

種類ごとに並べてみると、トマトの大きさや形状ってホント色々。

楕円形だったり、真ん丸だったり、

ピーマン状のものや先がとがったものなど。 


「トマトの時期には下手な料理はない」

なんて諺があるほど、旬のトマトを使えば料理がおいしくなる。

「トマトのある家に胃腸病なし」

どうやら胃腸にもいいらしい。 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」 

旬のトマトを食べれば、医者知らず。

トマトが赤くなると、稼ぎが減った医者は青くなる!

医者は青くなっているくらいの方が、絶対にいい!!

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp


アガタとロメオのオリーブ暮らし in カンパニア。

GE DIGITAL CAMERA

イタリア・カンパニア州ベネヴェント県。

カンパニア州のなかでも、海側ではなく、内陸部に位置しています。

ベネヴェント県にあるサン・ジョルジョ・ラ・モラーラは、

高度約700mの山のてっぺんにある、小さな町。

1. oliveto (2)

サン・ジョルジョ・ラ・モラーラの丘陵地に、

EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」のオリーブ畑があります!

古いものでは、樹齢400年を超えるオリーブの木も。

GE DIGITAL CAMERA

生産者のロメオです。

「常にオリーブの状態に気を配っているよ。

だって横着したら、決しておいしいオイルはできないからね」。

普段は、ローマにあるミシュランの星付きリストランテ、

「アガタ・エ・ロメオ」のオーナーソムリエ。

週末と夏の間は、ロメオの故郷であるサン・ジョルジョ・ラ・モラーラで、

妻のアガタと二人、オリーブとともに暮らす生活です。

GE DIGITAL CAMERA

オリーブの実、順調に育ってます!

この楕円形の形をしたオリーブの品種は、オルティチェ。

カンパニア州ベネヴェント付近にしかない土着品種で、

レ・マルスィカーネはオルティチェ100%の単一品種のオイルです。

GE DIGITAL CAMERA

ロメオのオリーブ畑のそばには、アガタの野菜畑があります。

さらには、イチジクや桃、リンゴに梨にザクロにプルーンといった果樹園も。

オリーブ畑も野菜畑も果樹園も、すべてオーガニック!

GE DIGITAL CAMERA

畑で、食べ頃の野菜を収穫!

トマトにパプリカにズッキーニの花も♪ さあ、どんな料理をつくろうか?

GE DIGITAL CAMERA

窓からオリーブ畑を望む、素敵なオープン・ガーデン・キッチン♪

新鮮な野菜を使って料理するのは、アガタ!!!

「アガタ・エ・ロメオ」の敏腕オーナーシェフです。

GE DIGITAL CAMERA

とれたてのルッコラとレタスとトマトを使ったサラダ。

ドレッシングは、塩とワインビネガーとEXVオリーブオイル!

GE DIGITAL CAMERA

ズッキーニとタマネギとトマトの煮込み。

味付けは塩のみで、仕上げにEXVオリーブオイルを♪

GE DIGITAL CAMERA

ジャガイモとポロねぎとズッキーニの茎を使った一皿。

ズッキーニは、花も実も、茎だって全部使っちゃう!

GE DIGITAL CAMERA

こちらは、ズッキーニの花を使ったフリット。

中には、アンチョビと刻んだズッキー二の花入り!

GE DIGITAL CAMERA

トマトたっぷりの、シンプル・パスタ♪

好みで、刻んだトウガラシをトッピング。

GE DIGITAL CAMERA

カンパニア州といえば、忘れちゃならないのがこれ!

モッツァレラを食べないと♪


アガタの料理に使われるEXVオリーブオイルは、

すべてレ・マルスィカーネです。

アガタ曰く、

「だって、料理がグンとおいしくなるから!」。


今年の秋の収穫まで、オリーブの実が元気に育ちますように。

イタリア中の真面目な生産者が、そう願ってます!!



◆EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」

http://www.oliveland.jp/le-marsicane/

イタリア・モリーゼ州のオリーブ畑から

fornelli-low

この看板を抜けると、そこは「Città dell’Olio(チッター・デッロリオ)」。

「オリーブオイルの町」です。

場所は、イタリア・モリーゼ州フォルネッリ。

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」の生産地です!

GE DIGITAL CAMERA

夏の日のオリーブ畑では何が起きているのか?

この時期は、オリーブの実にとって大切な成長期です。

GE DIGITAL CAMERA

オリーブの葉の色と同じ、黄緑色をしたオリーブの実、わかります?

このオリーブ品種はパエザーナ・ビアンカ。

フォルネッリ近辺でしか栽培されない、希少な土着品種です。

ただ今、太陽の光を浴びて、元気に成長中!

GE DIGITAL CAMERA

春に可憐な花が咲き、受粉をし、そして実をつける。

毎年、そして何百年も前からこの地で繰り返されてきた、オリーブの営み。

最初は小さな実も、太陽の光と適度な雨で、だんだんと大きくなっていきます。

GE DIGITAL CAMERA

オリーブの木の先端部分の枝には、実が鈴なり♪

なんてったって風通しがよく、しかも太陽の光をたっぷり浴びれるこの場所は、

オリーブの実にとっては特等席!

GE DIGITAL CAMERA

生産者のウーゴです。

オリーブの実の状態、木の状態、土の状態、すべてに気を配ってます。

まさに、大切な我が子を育てるがごとく!

これらのオリーブの実は、秋に収穫され、EXVオリーブオイルへと姿を変えます。、

そして来年早々、日本へやってくる予定!

Fernando,Ugo,Domenico-2015-

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」は、

フォルネッリの27のオリーブ農家が共同でつくっています。

左からフェルナンド、ウーゴ、そしてドメーニコ。 みんな、とっても仲がいい!!


「今年は晴天に恵まれているけれど、もうちょっと雨がほしいな。」

ウーゴは言います。

オリーブは農作物。

秋の収穫まで天候に恵まれ、オリーブの実が元気に成長しますように!!


天と地と人が、おいしいオリーブオイルをつくります。



◆EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」

http://www.oliveland.jp/7-torri/

犬にもやさしい町、コルヴァーラ。

GE DIGITAL CAMERA

これ、なんだと思います?

ワンちゃん用の水飲み場です。

2匹が同時にお水を飲め、しかもデザインが絶妙に風景にマッチしている!

場所は、イタリア最北部、トレンティーノ・アルト・アディジェ州。

コルヴァーラの町からケーブルカーに乗り、

標高2,100mのピツ・ラ・イラ山(Piz La Ila)の頂上に到着したところにあります。

ワンちゃんも、気持ちのよい空気を吸いながら、ここで一息!

GE DIGITAL CAMERA


こちらは、ワンちゃん用のトイレ。

ハイキングコースや散歩コース沿いに設置されています。

これは、飼い主にとってもうれしい!


コルヴァーラの町は、犬にも人にもやさしい!!

とにかくほんと、清潔な町です。



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

中欧的食文化が残る、イタリア最北部。

GE DIGITAL CAMERA

イタリア最北部、トレンティーノ・アルト・アディジェ州の名物料理といえば、

なんといってもスペック(SPECK)!

このスペックの看板、

よく見るとイタリア語とドイツ語が併記。

ここ、ボルツァーノ自治県にあるコルヴァーラの町は、

イタリア語とドイツ語が公用語なのです。

GE DIGITAL CAMERA

スペックは、豚のもも肉から骨をはずし、

塩漬けしてから燻製、さらに熟成させたもの。

生ハムやサラミ等と同様、

サルーミ(SALUMI)といわれる加工肉のひとつです。

まろやかでスモーキーな薫り。熟成によって凝縮された旨味。

ワインとともに…たまりません♪

GE DIGITAL CAMERA

町のスーパーのサルーミ売り場。

まぁ、とにかく種類豊富!

GE DIGITAL CAMERA

こちらは珍しい、ノロジカのサラミ。

イタリア北部やオーストリアではよく食べられます。

豚肉のサラミと違って、味が濃い!

GE DIGITAL CAMERA

トレンティーノ・アルト・アディジェの郷土料理で、

忘れてはならないのが、ポレンタ!

町の食料品店でも瓶入りのものが売られていました。

ポレンタはトウモロコシの粉を練ったもので、

モチモチとした食感が特徴。

小麦の栽培に不適な地域では、かつて主食として用いられ、

今では肉料理や煮込み料理の付け合わせとしてもよく登場します。

そういえば、ハンガリー料理にもあった!


中欧に近い食文化が根付く、

トレンティーノ・アルト・アディジェ州。

歴史的にティロル地方と呼ばれた地域の一部であり、

第一次世界大戦までは、

オーストリア=ハンガリー帝国の領土であったという背景も、

大いに関係しているのでしょう。

イタリアの食は、ほんと土地土地で個性豊かです!


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

イタリアのコルヴァーラで山のバカンス♪

GE DIGITAL CAMERA

イタリアの小さな町、コルヴァーラ・イン・バディーア(Corvara in Badia)。

緑溢れる景色に癒されます!

map-tre

コルヴァーラの町は、イタリア最北部、

トレンティーノ・アルト・アディジェ州にあります。

西にスイス、北東をオーストリアと接し、

イタリアに5つある特別自治州のひとつ。

GE DIGITAL CAMERA

歴史的にドイツ語を母語とするドイツ系の住民が多く、

公用語はイタリア語とドイツ語。

サッソンガー山(Sassongher)に抱かれた風景は、まるでハイジの世界♪

山の観光地として人気です。

GE DIGITAL CAMERA

コルヴァーラの町は清潔で、ゴミひとつ落ちていない!

看板やパンフレット、レストランのメニューなどは、

すべてイタリア語とドイツ語併記。

イタリアというより、オーストリアやスイスに近い雰囲気。

GE DIGITAL CAMERA

花がいっぱい飾られた、かわいらしいホテル。

GE DIGITAL CAMERA

おとぎの国に来た気分♡

GE DIGITAL CAMERA

町の中心にある広場は、人々の憩いの場になっていて。

GE DIGITAL CAMERA

公園内の花も、管理が行き届いている!

GE DIGITAL CAMERA

 今となっては貴重な、公衆電話もあるし。

GE DIGITAL CAMERA

さらに感心したのは、広場を渡ったところにあるバス停。

見てください!

バス停の標識に書かれているのは、TAXIの文字と運転手の携帯番号。

バスが来るのを待つのが嫌になったら、

タクシーの運転手に電話すれば、すぐ来てくれるというわけ。

合理的で、しかも人に対してやさしい!!

GE DIGITAL CAMERA

夏の観光シーズンは、山登りやトレッキングに加え、

最近はサイクリングが流行中!

GE DIGITAL CAMERA

ケーブルカーに自転車をのせて、

山道をアクティブに駆け抜ける人もいれば。

GE DIGITAL CAMERA

のんびりピクニック気分を楽しむ人も。

GE DIGITAL CAMERA

子供たちも自然と触れあい、存分に遊ぶ!


山のバカンスの醍醐味は、

キリッとした新鮮な空気を吸って、自然とのんびり戯れること。

加えて、イタリアの場合、はずせないのがその土地の料理を味わうこと!

次回は、トレンティーノ・アルト・アディジェ州の名物料理をご紹介♪



◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp