アマトリーチェのためにアマトリチャーナを。

 

img_12081

スパゲッティー・アマトリチャーナ(Spaghetti all’Amatriciana)。

アマトリーチェ(Amatrice)風のスパゲッティーという意味で、

イタリア・ラツィオ州の郷土料理のひとつです。

 

グアンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)と玉ねぎを炒め、

トマトソースで煮込み、

仕上げにペコリーノ・ロマーノ(羊のチーズ)をたっぷりと。

 

シンプルなトマト味に、

グアンチャーレのコクと旨味がたまらない、

大好きなパスタです💚

 

料理名にもなっているアマトリーチェは、

ローマの北東、約100kmに位置し、

アペニン山脈を擁する、山間の小さな町。

標高が高く、避暑地としても知られる場所です。

 

かつて、アマトリーチェ出身の料理人が、

地元の定番パスタにトマトを加えたものを、

ローマで提供。

 

これが大好評となり、

“スパゲッティー・アマトリチャーナ”

として広まったそうです。


14102651_10153727150336316_8250214204174667125_n



2016年8月24日3:36(イタリア時間)。

M6.2の大地震がアマトリーチェの町を襲いました。

誰もが寝入っているこの時間。

石積みの家屋が崩れたら、ひとたまりもありません。


日本と同様、地震国であるイタリア。

ニュースを見るたびに、被害が大きくなり、

心が痛みます。

 

イタリア料理業界では、

”アマトリチャーナを食べてアマトリーチェを助けよう”

という動きが始まりました。

 

レストランで、積極的にアマトリチャーナを提供し、

食べたお客様から1ユーロ、レストラン側から1ユーロ、

計2ユーロを、被災者支援のために募金しようというもの。

25日昼までに、

700店ものレストランが協力を表明した模様です。

 

日本のイタリアンレストランでも、

”アマトリチャーナ募金” の動きが出てきました。

「トラットリア・ダル・ビルバンテ・ジョコンド」や、

「ラ・ブリアンツァ」の奥野シェフも賛同。

実施期間等、詳細はお店でご確認くださいね。

 

今週末、アマトリーチェの町では、

”アマトリチャーナ祭り” が開催される予定でした。

アマトリチャーナを食べることで、

少しでも、アマトリーチェの町の復興支援につながれば!

 

小さな支援の輪が広がり、

被災地での一刻も早い救助と復興を願ってやみません。

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

広告

カンパニア州の「味」に特化した指南本!

13875132_10210275434952756_

ラ・レプッブリカ(la Repubblica)といえば、

イタリアの名だたる全国紙です。

そのラ・レプッブリカが発刊したのが、

カンパニア州の味と楽しみに特化した指南本、2016-2017年版!


州都ナポリをはじめ、アマルフィ海岸やカプリ島、

ポンペイなど見どころもたくさんあるうえ、

食材の宝庫でもあるカンパニア。

食の楽しみは尽きません!

13912590_10210270282303943_

この本の中に

EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」も、

カンパニアの味として紹介されました!

生産者ロメオの写真付き♪


レ・マルスィカーネは、

カンパニア州ベネヴェント周辺の土着品種、

オルティチェだけでつくられたEXVオリーブオイル。


香りは、トマトやローズマリー💚

一振りするだけで、

料理を極上の味わいにしてくれる優れものです。

 

この本では、ピッツェリアやレストラン、

カフェやベーカリー、食料品店やストリートフード、

チーズやパスタの製造所から、

ワインやビール、そしてオリーブオイル生産者まで、

厳選されたカンパニアの「味」が紹介されています。


カンパニアに行って、楽しむもよし。

EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」は、

イタリアに行かずとも、日本で楽しめますよ!

 




◆EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」250ml

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

◆お得な3本まとめ買い♪

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=105812136

◆とってもお得な6本箱買い♪

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=105812685

 

 

 

イタリア人はブラーコがお好き。

P1120476_low

10年ほど前から、イタリアで流行っている「Buraco(ブラーコ)」。

今では、このゲームを知らない人はいないと言ってもいいくらい!

ブラーコとは、南米が発祥といわれるカードゲームの1種。

コントラクトブリッジほど複雑ではなく、

人数も2人から6人までならOKという、フレキシブルなところも魅力。

P1120473_low

ルールは人数によって多少変わるものの、基本は同じ。

2人から4人までなら、2組のトランプを使用。

5人と6人の場合は、3組のトランプを使います。

4人の場合は、2人ずつペアになっての対抗戦!

同じ数字のカード、あるいは同じマークの連続カードを7枚集めると、

ブラーコになります!

P1120472_low

ジョーカーと数字の2は、何にでも代用できるラッキーカード♫

ルールさえ理解すれば、

言葉がわからなくても一緒に楽しめますよ!

P1120484_low

友人宅でブラーコを楽しんだ後は、持ち寄りの料理を並べての食事会。

たとえ、初対面の人がいたとしても、

一緒にブラーコをすれば自然と打ち解けあい、

食事時には、すっかり仲間同士!

P1120486_low

イタリアでは、休日はカップルで過ごすのが当たり前。

夫だけがゴルフに行ってしまうとか、

女性だけでランチをするなんてことは、ほとんどありません!

 

子供も独立し、時間に余裕がでてくると、

夫婦の過ごし方は様々。

週末は、友人のご夫婦と一緒に過ごすなんてことも多いのです。

そんな時にピッタリなのが、ブラーコ!

 

デジタル・ゲームが全盛の今だからこそ、

人間相手の知的なゲームがいいのかも。

ポケモンGOより、やっぱ、ブラーコでしょ!


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp