イタリアから最新オリーブ便り!

2017 olives of Ortice

カンパニア州の青空のもと、すくすく成長中のオリーブ💚

高貴な品種といわれる、Ortice(オルティチェ)です。

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)の生産者、ロメオによると、

「今年のオリーブは出来がいい!」とのこと。

2017 olives of Ortice 2

この夏、イタリア全土は猛暑に見舞われ、

特に南部では、日中の気温が40℃~50℃近くになることもしばしば。

「猛暑のおかげで、オリーブミバエの影響はないよ」

と、ロメオ。

 

オリーブミバエとは、

オリーブの実が大好きな、オリーブ生産者泣かせの害虫なんです。

 

オリーブミバエは猛暑に負け、

もともと乾燥や暑さに強いオリーブの木は、

しっかり実を守った!!

 

とはいえ、適度な水は、オリーブの実の成長に必要です。

ロメオのオリーブ畑では、井戸水と雨水タンクをフル活動させたそう。

IMG_5147.JPG

猛暑の後、9月11日には、イタリア中部で豪雨による洪水被害が発生。

特に、トスカーナ地方は被害が大きかったようです。

オリーブにとっても、収穫前の大事な時期なのに。。。

 

猛暑により、今年のイタリア産オリーブは不作との報道もある中、

地域によっても事情は異なるようです。

 

モリーゼ州の7 TORRI(セッテ・トッリ)の生産者、

ウーゴによると、

「今年はかなり生産量が少ないよ」とのこと。

 

オリーブは農作物です。

天を味方につければ、豊作。

天にそっぽを向かれれば、不作。

 

生産者の日頃の努力を思うと、

きちんとその努力が報われてほしい!

と、切に思います。

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

 

広告

自家製おから味噌はおいしい♪

IMG_5140

今年の1月に仕込んだ、自家製おから味噌が完成!

7ヶ月もの間、

キッチンの隅に置きっぱなしだったにも関わらず、

順調に発酵&熟成してくれました💚

duemiso

左が1月に仕込んだ時のもので、右は7ヶ月後。

色白だったのに、すっかり味噌らしく変身しました♪

 

材料は、生おからと豆乳と生米麹と塩だけ。

いずれも厳選した、こだわりの材料を使用しています。

 

おからを使うことで、

大豆をつぶしたりする手間もなく、

混ぜてこねる力さえあれば、意外と簡単!

IMG_1123.jpg

初めて手作りしたおから味噌は、やっぱりお味噌汁で。

酵素が生きている生味噌だから、煮沸せずにいただきます!

 

一口飲むと、ほわんと柔らかい甘みと麹感がたまりません💚

う~ん、この味噌なら売れると、まさに手前味噌(笑)。

 

今回のおから味噌作りは、

クッキングサロン リエの宮崎先生に教えていただきました。

 

味噌の歴史や発酵、麹についても学ぶことができ、

なにより、おいしいおから味噌に仕上がって、感謝感激です。

 

今度は、EXVオリーブオイルと合わせて、

味噌ドレッシングもいいかも♩

 

 

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

https://www.oliveland.jp

 

 

『オーガニック電話帳』に掲載されました!

『オーガニック電話帳』ってご存知ですか?

有機農家をはじめ、

加工食品メーカー、食品卸や小売り、レストランなど、

日本全国のオーガニックに関わる13ジャンルもの情報が、

ぎゅーっと詰まった電話帳なんです。

その最新改訂版が9月に発行されました!

 

オリーブ・ランドも、

食品卸の輸入中心カテゴリーでご紹介いただきました!

この電話帳には、電話番号やHP等の情報以外に、

「はじめたきっかけとこだわり」

という紹介欄があるのが特長。

それぞれの想いが、

その人の言葉で伝わってくるのがイイんです♪

 

『美味しんぼ』の101巻に登場したことでも話題になった、

『オーガニック電話帳』。

先月横浜で開催された「国際オーガニックEXPO2017」でも、

最新版が先行展示されているのを発見!

多くの来場者が手に取って見ていたことからも、

関心の高さがうかがえました。

 

同じ志をもつ方々のこだわりを、

これからじっくり読んでみたいと思います!

 

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

ホームページ

https://www.oliveland.jp/

オンラインショップ

http://oliveland.shop-pro.jp/