ボジョレーではなくマコネーのヌーヴォー♪

IMG_5215

昨日は、ボジョレー解禁日♪

なんだかんだ言って、店頭にあるとついつい買ってしまいます(笑)。

 

とはいえ、

いかにもボジョレー的な赤はなぁと思っていたら、

”ボジョレーの帝王” こと、ジョルジュ デュブッフ氏が手掛けるヌーヴォーの中に、

マコネー地区のシャルドネのヌーヴォーを発見!

 

「ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2017」。

ボジョレー地区の北、デュブッフ氏の生まれ故郷である、

マコネー地区のシャルドネだけでつくる、白のヌーヴォーなんです。

 

写真は飲んだ後の空瓶ですが、色合いはレモンイエロー。

爽やかでありながら、果実の凝縮感もしっかり感じられて、

純和食の料理と好相性でした!!

 

ボジョレーではないけれど、白のヌーヴォーもいいですよ♪

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://oliveland.shop-pro.jp/ (オンラインショップへリンクします)

 

 

 

 

広告

秋の薔薇が見頃in鎌倉文学館

IMG-600

爽やかな秋晴れの日。

鎌倉文学館では、秋の薔薇が見頃を迎えていました!

IMG_5192600

青空に映える黄色のバラの名は、”鎌倉”。

古都鎌倉に似合うようにと、

10数年の歳月をかけて開発された、トゲのない黄色いバラです。

IMG_5194600

華やかなこちらの薔薇は、”カトリーヌ・ドヌーブ”。

IMG_5196600

マゼンタピンクの薔薇。その名も ”ラブ”!

IMG_5202600

今にも踊りだしそうな、妖艶な ”カルメン”。

まさに、名は体を表すですね!

IMG_5185600

色とりどりの薔薇が、絶妙♪

幸せな気分に浸れます!

IMG_5282600

鎌倉文学館の建物は、旧前田家の鎌倉別邸として建てられたもの。

三島由紀夫の小説『豊穣の海』の第1巻に登場する、

別荘のモデルとなったのが、まさにココなんだそうです!

館内には、鎌倉文士の直筆原稿や愛用品などが展示され、

特別展も開催されます。

IMG_5153600

鎌倉文学館への道すがら、

鎌倉を代表する歌人、『金槐和歌集』を編纂した源実朝の歌碑が。

 

鎌倉の文学と薔薇の香りに溢れるこの場所は、

あまり人も多くないせいか、とてもリラックスできます。

規模はだいぶ小さいけれど、

ローマのボルゲーゼ美術館とその庭園を彷彿とさせるよう♪

 

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

https://www.oliveland.jp/

 

 

自家製おから味噌はおいしい♪

IMG_5140

今年の1月に仕込んだ、自家製おから味噌が完成!

7ヶ月もの間、

キッチンの隅に置きっぱなしだったにも関わらず、

順調に発酵&熟成してくれました💚

duemiso

左が1月に仕込んだ時のもので、右は7ヶ月後。

色白だったのに、すっかり味噌らしく変身しました♪

 

材料は、生おからと豆乳と生米麹と塩だけ。

いずれも厳選した、こだわりの材料を使用しています。

 

おからを使うことで、

大豆をつぶしたりする手間もなく、

混ぜてこねる力さえあれば、意外と簡単!

IMG_1123.jpg

初めて手作りしたおから味噌は、やっぱりお味噌汁で。

酵素が生きている生味噌だから、煮沸せずにいただきます!

 

一口飲むと、ほわんと柔らかい甘みと麹感がたまりません💚

う~ん、この味噌なら売れると、まさに手前味噌(笑)。

 

今回のおから味噌作りは、

クッキングサロン リエの宮崎先生に教えていただきました。

 

味噌の歴史や発酵、麹についても学ぶことができ、

なにより、おいしいおから味噌に仕上がって、感謝感激です。

 

今度は、EXVオリーブオイルと合わせて、

味噌ドレッシングもいいかも♩

 

 

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

https://www.oliveland.jp

 

 

山梨県の南アルプスの麓で。

IMG_4907_low

三角屋根のこの建物は、

山梨県北杜市にある、サントリー 天然水 南アルプス白州工場のエントランス。

ここで、あの「南アルプスの天然水」がつくられているんですよ。

無料のガイドツアーに参加してきました!

IMG_4908_low

目の前に連なる、南アルプスの山々。

清々しい空気に、思わず何度も深呼吸!

IMG_4905_low

敷地内に入って、見つけた清流。

流れに勢いがあり、とにかく水がきれいです💙

IMG_4915_low

野鳥の観察ができる散策路もありました。

緑豊かな森の中は、マイナスイオンたっぷり!

鳥の鳴き声に耳を澄ませながら、30分程のウォーキングが楽しめます。

IMG_4924_low

いよいよガイドツアーの始まりです。

太陽光発電による電力を使用したという、電気バスに乗って工場へ!

Low

パネルや映像を見ながら、天然水がうまれる背景の説明からスタート。

楽しめる仕掛けが随所にあり、飽きさせません!

天然水の源は、南アルプスの山々に降った雨や雪。

20年もの歳月をかけて、

南アルプスの自然環境が、おいしい天然水を育むのだそうです。

 

日頃、ゴクゴク飲んでいる「南アルプスの天然水」は、

恵まれた自然環境の恩恵と、

人の手による品質検査や官能検査を経て、

私たちの元へ届くことがよくわかりました。

 

工場の製造ラインでは、

「1、2、3トリー!」の掛け声でカーテンがOPEN。

スピーディーな製造ラインを間近で見学できますよ。

IMG_4980_low

ツアーの締めくくりは、テイスティングタイムです♩

「サントリー 南アルプスの天然水」はもちろん、

フレーバーウォーターの飲み比べも。

 

生産地や製造行程など、

背景を知ったうえで味わうと、やっぱり違いますね。

 

天然水も、ワインも、EXVオリーブオイルも同じ!

つくり手の想いや自然環境、製造へのこだわりが、

その一滴に、凝縮しています💚

 

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

オンラインショップ

http://oliveland.shop-pro.jp

 

あじさいの季節が終わったら。

IMG_4999_low

週末、鎌倉へ出かけたついでに、あじさい(hydrangea)巡りへ!

北鎌倉古民家ミュージアムで、ちょうどあじさい展をやってました。

IMG_5016_low

紫とブルーの色合いが、とってもきれい。

IMG_5017Low

マゼンタ色は、カワイイ乙女のよう。

IMG_4945_low

可憐だ。

IMG_5022_low

ハピネス(Happiness)というネーミングに魅かれます。

IMG_5003_low

あじさい寺として有名な明月院へも、足を延ばしてみました。

紫一色のあじさいが緑に映え、やはり風情があります!

 

あじさいの季節が終わると、いよいよ本格的な夏の到来💚

お世話になった方や大切な方へのギフトをお考えではありませんか?

オリーブ・ランドでは、

プレミアムなEXVオリーブオイルの夏ギフトをご用意しています。

人気No.1ギフトをはじめ、一部をご紹介しますね♩

2017250summer

夏ギフト人気No.1は、こちら!

「レ・マルスィカーネ&セッテ・トッリ 250ml 2本セット」   。

異なる味わいの人気の2本をお楽しみいただけます。セット価格でお得♩

2017100summer

「レ・マルスィカーネ&セッテ・トッリ 100ml 2本セット」

少量ボトルなので使いやすく、お礼の品としてもオススメです!

IMG_5018_low

レ・マルスィカーネ500mlを単品で贈りたい!

という場合は、専用ギフト箱(500ml用)をご利用ください。

250ml単品用の専用ギフト箱もご用意しています。

 

ギフトの品は、オリーブ柄の包装紙に包み、大切にお届けいたします。

ご注文は、オリーブ・ランドのオンラインショップで承ります。

ぜひサイトをご覧になってみてくださいね♩

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

オンラインショップ

http://oliveland.shop-pro.jp/

 

 

 

香り高き暮坪カブは究極の・・・?

IMG_4865

暮坪カブって、ご存知ですか?

小ぶりの大根のように見えますが、れっきとしたカブなんです。

長さは20cmほどで、岩手県遠野市の暮坪地区原産。

香り高く、独特の辛みが特長で、

皮のまますりおろして、蕎麦の薬味にするのがオススメです💚

IMG_4864

地元では、古くから、漬物にして食べることが多いのだそう。

浅漬けにすると、確かにカブらしさを感じます。

でも、独特の風味を楽しむなら、やっぱり「カブおろし」ですね!

さっと焼いて、

塩とEXVオリーブオイルをかけて食べても、おいしそう♪

 

実は、この暮坪カブ、

漫画『美味しんぼ』で、”究極の薬味” として紹介されて以来、

全国的に知られるようになったそうです。

 

400年もの間、暮坪の土地で育まれてきた暮坪カブは、

生産量が少ないため、なかなか出回ることがありません。

もし出会うことがあれば、

香り高きその風味を、たっぷりお楽しみくださいね♪

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

https://www.oliveland.jp/

 

 

まるごと大豆を食べちゃうドレッシング♪

IMG_4714

大豆というワードの商品には、ついついひかれます(笑)。

そんな時に見つけたのが、これ!

その名も「まるごと大豆を食べる」ドレッシング。

希少な丹波産白大豆を水煮にし、

全体量の50%以上使用したという、こだわりの一品です。

IMG002

ドレッシングといっても、ぽってりとして、ペーストに近い感じ。

原材料は、大豆、本醸造醤油、本みりん、粗糖、

食用植物油脂(オリーブ油、ごま油)、そして醸造酢。

和風テイストで、大豆の濃厚なコクが感じられ、ごま感もしっかり。

温野菜などに、そのままディップとしてつけても美味です!

IMG001

アボカドとエビのサラダに使ってみました。

「まるごと大豆を食べる」ドレッシングに、EXVオリーブオイルを追加💚

サラダにあえるには、

EXVオリーブオイルをちょい足しして使うと、イイ感じです。

簡単に、ヘルシーでおいしいドレッシングになりますよ♪

お店で見つけたら、ぜひお試しください。

 

◆無農薬・単一品種のEXVオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://oliveland.shop-pro.jp