イタリアから最新オリーブ便り!

2017 olives of Ortice

カンパニア州の青空のもと、すくすく成長中のオリーブ💚

高貴な品種といわれる、Ortice(オルティチェ)です。

LE MARSICANE(レ・マルスィカーネ)の生産者、ロメオによると、

「今年のオリーブは出来がいい!」とのこと。

2017 olives of Ortice 2

この夏、イタリア全土は猛暑に見舞われ、

特に南部では、日中の気温が40℃~50℃近くになることもしばしば。

「猛暑のおかげで、オリーブミバエの影響はないよ」

と、ロメオ。

 

オリーブミバエとは、

オリーブの実が大好きな、オリーブ生産者泣かせの害虫なんです。

 

オリーブミバエは猛暑に負け、

もともと乾燥や暑さに強いオリーブの木は、

しっかり実を守った!!

 

とはいえ、適度な水は、オリーブの実の成長に必要です。

ロメオのオリーブ畑では、井戸水と雨水タンクをフル活動させたそう。

IMG_5147.JPG

猛暑の後、9月11日には、イタリア中部で豪雨による洪水被害が発生。

特に、トスカーナ地方は被害が大きかったようです。

オリーブにとっても、収穫前の大事な時期なのに。。。

 

猛暑により、今年のイタリア産オリーブは不作との報道もある中、

地域によっても事情は異なるようです。

 

モリーゼ州の7 TORRI(セッテ・トッリ)の生産者、

ウーゴによると、

「今年はかなり生産量が少ないよ」とのこと。

 

オリーブは農作物です。

天を味方につければ、豊作。

天にそっぽを向かれれば、不作。

 

生産者の日頃の努力を思うと、

きちんとその努力が報われてほしい!

と、切に思います。

 

◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

 

 

 

広告

セッテ・トッリの在庫、残りわずかです!

16-novev-2015-014640

イタリア・モリーゼ州の丘陵地帯にあるオリーブ畑。

やさしい味わいで、和食にもあうと評判のEXVオリーブオイル、

「7 TORRI(セッテ・トッリ」)の生産地です。


この秋のオリーブの収穫も、搾油も無事終了!

生産者のウーゴから、

「出来には満足してるよ」と、嬉しい報告がありました! 

OsItmO8gzgfzwWU1479456692_1479456741.gif

今年、イタリアソムリエ協会主催で、

モリーゼ州のEXVオリーブオイルを紹介する冊子が作られました。

オイル毎に、具体的な官能評価が記載され、

その中で、7 TORRI(セッテ・トッリ)は高評価。


「4 Alberi(クアットロ アルベリ)」賞を受賞しました!!

「4つのオリーブの木」賞という意味で、

モリーゼ州のオイルの中では最高位!!


専門家にどんな評価をされたのか、ちょっとご紹介します。

品種:パエザーナ・ビアンカ

外観:琥珀がかったグリーン

香り:香りは強く、花の香りとして感じるのは、バニラ、

アカシアとアーモンド。

野菜の香りでは、アーティチョーク、ハーブ、そして松の実。

味 :口中では青いトマト、ルッコラ、甘いピーマン、

ドライフルーツがバランスよく感じられる。

料理:薄味でシンプルな料理に合う。

スズキのカルパッチョ、小エビのタリオリー二などがおすすめ。

 img_3611_low
 

今年の7 TORRI(セッテ・トッリ)の在庫が、残りわずかとなりました。

新オイル(2016年秋収穫・搾油)の入荷は、

2017年2月後半~3月前後を予定。


そろそろなくなりそうだという方、

どうぞお早めにオンラインショップへ!!

ありがとうございます(^^)

完売しました。


※11/23(水)〜11/30(水)限定のオータムキャンペーン実施中。

4000円以上のお買い上げで、送料無料に♪


◆EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41636126

グスタヴィーノでEXVオリーブオイル尽くし。

IMG_3611_low

銀座にある、とっておきのイタリアン「タヴェルナ・グスタヴィーノ」💚

カウンターに置いてあるのは、

フルーティーで万能タイプのEXVオリーブオイル、「セッテ・トッリ」(左)。

パンチのある個性派EXVオリーブオイル、「レ・マルスィカーネ」(右)。

旬の食材と、2つの異なるタイプのオイルを使い、

さあ、どんな料理がでてくるのか?

グスタヴィーノ流、オリーブオイル尽くしのディナーの始まりです!

IMG_3604_low

まずは、とれたてのいさきのカルパッチョ。

木村シェフによると、

いさきは、セッテ・トッリで5分位マリネしたとのこと。

やっぱり、白身魚とセッテ・トッリは合う!!

トッピングは、ウドとサザエとアーモンド。食感がまた楽し♪

IMG_3605_low

ホワイトアスパラガスのグリル。

ここでも、セッテ・トッリがアスパラの味を引き立て、コクもプラス!

右側はアオリイカ。

黄色いトマトを使ったガスパチョソースで。

IMG_3607_low

アーティーチョーク尽くしの一皿♪

アーティーチョークといえば、やっぱりレ・マルスィカーネ。

オイル自体の香りや味わいにも、

アーティチョークのような苦みが感じられるので、

これはもう、相性抜群!

IMG_3610_low

ソラマメとペコリーノとレ・マルスィカーネのパスタ。

このパスタには、レモンが練り込まれていて、とっても爽やか。

レ・マルスィカーネとレモン、合います!

シンプルに、美味なる一品。

IMG_3614_low

フキと生ハムを仔牛肉で巻いて。ベビーコーンと野生のアスパラガス添え。

フキですよ、フキ!!

フキといえば、煮物のイメージしかなかったけど、

イタリアンでこんなにおいしくいただけるなんて、新発見!

レ・マルスィカーネとジャガイモで作ったソースは、

野菜にも仔牛にも合います。

IMG_3612_low

「タヴェルナ・グスタヴィーノ」を訪れたら、

料理に合わせていただく、グラスワインがまた楽しみなんです♪

今回は、泡、白、白といただいたので、この辺で赤のグラスを🍷

IMG_3617_low

ドルチェは、キャラメルのジェラートとビワとイチジク。

セッテ・トッリのやさしい甘みが、ドルチェとマッチ♪

 

 

旬の食材とEXVオリーブオイルと、そしてワインと💚

どう合わせていくかで、

互いに高めあい、

相乗効果が発揮されることを、改めて実感できました。

 

オーナーの松川さん、木村シェフ、小笠原店長、

素晴らしいひと時をありがとうございました!!




Taverna Gustavino  
タヴェルナ・グスタヴィーノ

中央区銀座1−5−7 アネックス2福神ビル 地下1階

TEL 03-6228-7608

EXVオリーブオイル「レ・マルスィカーネ」

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=46145959

EXVオリーブオイル「セッテ・トッリ」

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41636126

 

 

 

和食にあうEXVオリーブオイルとは?

IMG_3517_low

「和食にオリーブオイル」のワークショップ、早春篇。

初夏篇から始まり、今回の早春篇で、いよいよ1年の完結を迎えます。

春のほろ苦食材とEXVオリーブオイル。

どんな合わせ方をするのか、楽しみです!

IMG_2769_low

「和食にオリーブオイル」の使い方を教えてくれるのは、

クッキングサロンリエを主宰する、宮崎里恵先生。

旬の食材をとりいれた和食に、

EXVオリーブオイルを使うことで、どうおいしくいただけるのか?

そんな素朴な疑問に、

目からうろこの使い方を色々と教えてくださいました。

IMG_3508_low

「和食にあうEXVオリーブオイルとは、昆布出汁にあうオイル。

昆布に多く含まれる、グルタミン酸の甘みとあうオイルです。」


そう、宮崎先生はおっしゃいます。

昆布出汁にあうオイルとして選んでくださったのが、

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」

IMG_2789_low

こちらは、春野菜の黄身酢かけ。

ウド、うるい、アスパラや新わかめ、はまぐり等、春の味が勢ぞろい。

黄身酢に、

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」が使われています。

EXVオリーブオイルを使うことで、

材料を調和させ、刺激のある薬味をマイルドにする効果が。

この黄身酢、一度作れば1ヵ月はもつ優れもの💛

IMG_2787_low

桜海老とふきのとうのかき揚げご飯。

このかき揚げ、EXVオリーブオイルで揚げているので、

食べるとカッリカリ~のサックサク~。

炊き込みご飯自体がまた、いいお味なんです!

IMG_2788_low

卯の花汁。

ほっこりやさしい卯の花汁に、

アクセントを加えているのが、春菊を使った「サルサ・ベルデ(緑のソース)」。

春菊とEXVオリーブオイルをフードプロセッサーにかけ、ピューレにし、

お椀に卯の花汁を盛った後、上に添えるだけ。

IMG_3526_low

茶碗蒸し。

青のりとEXVオリーブオイルを合わせた青のりオイル添え。

この青のりオイル、卵豆腐や茶碗蒸し等、卵料理によ~くあいます!

IMG_3525_low

うどの穂先や皮の部分を使った、きんぴら。

EXVオリーブオイルとお酒と薄口しょうゆでササッと。


夏から秋、冬、そして春へと、

旬の食材とともに季節を巡り、

食を通して、季節を感じる。

和食の奥深さに触れられた、口福な1年でした。


旅のお伴をさせていただいた、

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」。

幸せモノです💚


昆布出汁にあうEXVオリーブオイル、

和食にあうEXVオリーブオイルとして、

新たな魅力を引き出してくださった宮崎里恵先生。

ちょっとした工夫で、相乗効果が生まれることを、

時に論理的に、時に実践を通して、

わかりやすく教えていただきました。

ありがとうございます!

 

 


◆宮崎里恵先生の料理教室「クッキングサロン リエ」

http://m-rie.com/

◆EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」

http://oliveland.shop-pro.jp/?pid=41636126

 

 

イタリアの最も美しい村、モリーゼ編!

フォルネッリ歴史地区俯瞰 (2)

イタリアのモリーゼ州を知ってますか?

ローマのあるラツィオ州の南東、アドリア海側に面し、

南をプーリア州に接する、小さな州です。

イタリアのテレビ局Raiの番組、

『Alle Falde del Kilimangiaro(キリマンジャロの麓で)』では、

現在、”イタリアの最も美しい村” コンテスト を開催中!

先日、同番組に、

モリーゼ州の代表として、フォルネッリの町が登場しました💚

ここは、EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」の生産地です。

 

FORNELLI-9_low (2)

オリーブオイルの町として認定されているフォルネッリ。

旧市街には中世の面影が色濃く残る一方で、

美しいオリーブの景観が広がる様は、ほんと壮観です!

イタリアの未だ知られていない、

美しく歴史ある小さな村って、まだまだあるんですよね。

先日、Raiで放映されたフォルネッリの美しい映像は、

以下、News della Valueのサイトでご覧いただけます💚


News della Value

 

 


◆無農薬・単一品種のオリーブオイル専門店「オリーブ・ランド」

http://www.oliveland.jp

※お待たせしております新オイル、2/22より販売開始の予定です。

 

 

7つの塔がある町の自慢のオリーブ。

16-novev-2015-007640

秋晴れのオリーブ畑!

この時期のオリーブ農家は、収穫で大忙しです。

雨が降ると収穫は中止となり、

その間にオリーブの実の状態は刻々と変わるので、まさに収穫は時間との勝負!

オリーブの実をどのタイミングで収穫するか、

収穫時の天候はどうか、といったことが、

オリーブの実の成分にも微妙に影響してきます。

fornelli-low

ここは、イタリア・モリーゼ州フォルネッリ。

急勾配の丘に佇む小さな町は、

オリーブオイルの町(Città dell’Olio)に認定されています。

町をあげてオリーブ畑の美しい景観を守り、

地元の農業大学と協力しながら、無農薬のオリーブ栽培に取り組んでいます。

16-novev-2015-014640

彼らが栽培しているオリーブ品種は、パエザーナ・ビアンカ。

フォルネッリ近郊にしかない土着品種で、

まさに、おらが町の自慢のオリーブ💚

品種が、味わいや香り、油分の量といった、

オリーブの個性を決めています。

このパエザーナ・ビアンカの実からつくられるのが、

EXVオリーブオイル「7 Torri(セッテ・トッリ)」。

生産者のウーゴによると、

「今年のパエザーナ・ビアンカは、量は多くないけれど、

オイルのクオリティーは最高だよ!」

とのこと💚


20140307torri250_450pix


オイル名の7 Torriとは7つの塔を意味し、

フォルネッリの町のシンボルにちなんで名づけられました。

ボトルの素朴なラベルにも、塔が描かれています!

マイルドな味わいのなかにも、

青じそやハーブ、アーモンドなどのやわらかな主張が感じられ、

和食とも相性抜群のオイルです。

現地からは、来年1月に空輸で入荷予定。

販売時期がみえましたら、改めてご案内いたします。

どうぞお楽しみに!!



◆EXVオリーブオイル「セッテ・トッリ」

http://www.oliveland.jp/7-torri/

現在、商品は完売しております。

新オイル(2015年秋収穫・搾油)の入荷まで、

今しばらくお待ち願います。

今年のオリーブは出来がイイ!

30-settembre-2015-001_low

昨日のモリーゼ州フォルネッリの天気は、晴れ。

青い空と白い雲、そしてオリーブの緑!!

このオリーブの木、

柳のように枝が垂れているのが特徴で、

オリーブ品種はパエザーナ・ビアンカ。

フォルネッリ近辺にしかない希少な土着品油です。

この山あいの小さな町は、「オリーブオイルの町」に認定され、

地元の農業大学と協力しながら、

まじめに地道に、自然農法によるオリーブ栽培を続けています。

30-settembre-2015-003_low

ひとつの枝に、黄緑色のオリーブの実がすずなり♪

生産者のウーゴから、

「今年のオリーブは、出来がとてもいいよ!!」

と嬉しい連絡が♪

オリーブの実が赤く色づき始めたら、その時が収穫のタイミング。

まだもうちょっと先ですね。

このパエザーナ・ビアンカの実から搾られるのが、

EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」です。

昨年秋収穫分のオイルは完売してしまいましたが、

この秋収穫分のオイル、どうぞ期待していてくださいね♪

昨年はオリーブ不作の年。

オリーブ生産者の顔も曇りがちでした。

今年は顔も晴れ晴れと、喜び溢れる年になりそうです!!

 

 

◆EXVオリーブオイル「7 TORRI(セッテ・トッリ)」

http://www.oliveland.jp/7-torri/